輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

上顎セットバックのデメリットとして知っておきたいこと

出っ歯の人や口元がこんもりして間抜けな印象を与えがちな人などは上顎セットバックを用いて矯正することになります。やり方としては、まず歯を抜き、下顎が前に出てくるよう、前歯や歯茎などを後ろ側に押すことになります。これを上顎セットバックと言います。それにより、口元のこんもりを解消することができ、出っ歯の状態を改善することもできるようになります。押した後は歯を抜いたスペースを利用し、ワイヤーを用いて前歯を引っ張り、その骨をチタンやワイヤーなどで固定し、約数カ月にかけて行われ、その間はずっとワイヤーが口の中にある状態です。こうした作業を行いながら、同時並行で歯科治療も行っていきます。抜歯した歯の隙間を埋める作業などが行われ、全てが終わるのは半年後です。手術して終わりということではなく、手術してから相当な時間がかかるため、ワイヤーなどが外されるまでの食生活などにも制約があり、デメリットもいくつか挙げることができます。

上顎セットバックのデメリット

デメリットについて

上顎セットバックのデメリットで最初に挙げられるのが食事の問題です。ワイヤーで骨を引っ張り、しばらくすると骨同士が癒合する骨癒合が起こり、くっつくようになります。しかし、食事の際、前歯などで噛み切ろうとすると骨がずれてしまい、骨癒合を阻害してしまう可能性があります。そうなると骨癒合に時間がかかり、ワイヤーを外す時期が延びてしまうので、少なくとも手術を受けてから半年は注意が必要です。上顎セットバックは技術が比較的問われるため、どれだけの経験をその医師がしているかによって大きく変わります。
また、歯をずらすことで歯科治療が同時で行われるため、そことの調整をしていかないといけません。一番いいのはどちらもしてくれるクリニックを探すことですが、なかなかそういったところはありません。とはいえ、通常の歯の矯正は数年かかると言われる中で、このやり方なら半年程度で終わらせることができます。デメリットをどう評価するか、そのあたりが上顎セットバックを選ぶかどうかの基準となりそうです。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*