輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

前頭洞骨切りを受ける前にデメリットを知っておこう!

眉毛があるすぐ上の部分の骨が前に出っ張っていることで、男性のようなごつい印象の額になっている人に対して行われる手術の一つに前頭洞骨切りがあり、女性が自然な丸みで滑らかな輪郭になることを理想として受ける場合が多いです。この前頭洞は副鼻腔の一つであり、前頭骨の奥が空洞になっているため、必要な範囲の骨を切り出して奥に移動させて再び骨を癒合させることで、出っ張っている部分を目立たなくさせる方法です。

前頭洞骨切りのデメリットは、何十年か経ってから病気が発症する可能性があることです。空洞内は粘膜で覆われていますが、骨を移動させるとでその粘膜が損傷してしまうケースがあります。手術したばかりの時は問題がなくても15年から20年ほど経ってから、前頭洞粘液のう胞などになることがあります。液が溜まって骨を圧迫する症状があって、それに伴う腫れや痛みを感じたり、眼球の動きが鈍くなるものが二重に見えたりすることもあります。

前頭洞骨切りのデメリット

前頭洞骨切りのデメリット

前頭洞骨切りのデメリットは丁寧な手術が行われないと神経を傷つけることがあるほか、考えていたよりも骨が移動されずに変化を感じなかったり、眉毛の上げ下げに違和感を覚えるようになる場合があります。

冠状切開法が用いられるため、傷は頭頂部などにつき顔に残ることはほとんどありませんが、腫れたり内出血のような痕がしばらく残り、2週間程度は目立つ人が多いです。

前頭洞骨切りは全身麻酔による手術のため、部分麻酔よりもリスクが高くなります。体質や手術の状況により血栓や異物が肺の動脈に詰まってしまったり、声帯付近の筋肉や気管支が痙攣して呼吸を妨げてしまい、重篤な症状に至ることがあります。

前頭洞骨切りが失敗だと感じた場合には、さらに奥に移動させることは難しいため、骨を削るなどの対応を行うことになりますが、一度手術した部分を削ったりすると骨が弱くなり、少しの衝撃でもヒビが入ったり陥没するようになってしまう危険があります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*