輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

前額骨切りのデメリット3つを知ってますか?

額を下げたい方や女性らしい顔立ちを手に入れたい方におすすめなのが、前額骨切りです。
前額骨切り手術は、後頭部部分を切開します。

切開した部分をワイヤーで固定することで、額を下げたり女性らしい顔立ちを手に入れることが実現します。

しかし、前額骨切りのデメリットとして挙げられるのが、症例数が少なく難しい手術であるという点です。
その為、この手術を行える医師が少ないという特徴があります。

技術力の高い医師に手術を行ってもらうことが重要ですが、失敗を回避するためにはレントゲンをきちんと撮影して手術計画をドクターと話し合うことが大切です。

失敗なく成功させるために名医選びを行いましょう。

技術力の高い名医であれば、模型から作成して仕上がりを事前にきちんとチェックすることができます。

また、ダブルライセンスの資格を持っている名医もいるので、美容外科クリニックのカウンセリングなどを利用して信用できる医師探しを行うことをおすすめします。

前額骨切りのデメリット

デメリットについて

前額骨切りは、後頭部を切開して手術を行っていきますが、デメリットとして脱毛が起きてしまう点が挙げられます。

切開をする範囲によっては、脱毛を避けられないというトラブルもあります。

美容外科クリニックによっては修正手術を行うことも可能ですが、修正手術はとてもこんなものでもある為、リスクがつきものです。

このようなトラブルに見舞われないためには、経験が豊かな腕の良いドクターを選ぶようにしましょう。
現在、多くの美容外科クリニックで前額骨切りの手術が行えます。

しかしながら、技術力の低いドクターに手術を行ってもらうと、しびれやたるみ、皮膚のあまりなどのトラブルに見舞われてしまいます。

また、高額な料金を支払ったのにもかかわらず、全く改善効果を実感できなかったという方も少なくありません。

現在、輪郭の美容整形法として前額骨切りが注目を集めていますが、様々な手術法がある為、事前にカウンセリングなどを利用して手術法をチェックしてみましょう。

デメリットが怖い…たるみを引き起こすのはどうして?前額骨切りのマメ知識

「たるみ」デメリットについて。

前額骨切りを受けると、たるみが起こるデメリットがあります。この施術ではおでこの骨を大きく切ることになるため、顔の体積が大きく減ってしまいます。その結果、顔の皮膚が余分に余った状態になりやすく、たるみが出るリスクが高くなります。

この症状を防ぐには、顔がたるまないようにきちんと治療計画を立ててくれる医師に任せる事が重要です。なので、慎重に信頼できる医師を見つける必要があります。

「感染」するデメリットについて

前額骨切りを受けると、患部に感染が起こるデメリットがあります。そもそも額を大きくメスで切る治療なので、不衛生な環境で施術を行うと体の内部に細菌が入りやすくなります。

施術後は免疫力がとても弱くなっているので、感染が起こると治療をするのに時間がかかってしまいます。よって、施術を受ける際は、衛生管理がしっかりしているクリニック、施術経験が豊富な医師であるか確認する必要があります。

「知覚麻痺」になるデメリットについて

前額骨切りを受けると、知覚麻痺になるデメリットがあります。これは、施術を行う医師の経験、技術が不足している事で起こりやすいです。

そもそも額にある骨を大きく切り取る治療なので、経験がないと周りにある知覚神経を傷つけてしまいやすいです。

また、血管を損傷するリスクもあるので、安心して治療を受けるには、技術力があり、アフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶ事が大事です。

名医に施術を任せる事がとても大事

前額骨切りとは、おでこの形を整えるのにとても有効な施術です。前頭骨という額の骨を削ることで、満足の行く仕上がりになります。

ただメスを使う美容整形なので、安心して施術を任せるには実績が豊富で技術が優れている医師を見つける事が大事です。

医師が未熟な場合、術後に知覚麻痺などのリスクが起こりやすくなります。当相談所では名医のご紹介をしておりますので、興味があればお気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*