輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

知っておかなくていいの?咬筋萎縮のデメリット

咬筋萎縮とは、口腔内に数ミリ切開して細い金属の棒を筋肉の中に差し込み電流を流し、張り出している咬筋を萎縮させて正面から見た顔をすっきりとさせます。骨ではなく筋肉が発達していて、エラが張っているように見える人には効果的な方法です。ただし、咬筋萎縮にもデメリットはありますので、その部分を把握した上で失敗しないためにもクリニックや医師選びには慎重になることが重要です。前提としては術前検査の段階でしっかりと説明を行ってくれることが大切で、不安の多い施術にもなるので自分が納得できるまで医師と相談すると良いです。また、こうした施術にはトラブルというのは必ずつきものです。しかし、できる限り技術の高い医師を選ぶようにするとトラブルに遭ってしまう確率を格段に下げてくれます。また、ダウンタイムについては本格的な施術であれば大体2週間程度と少し長いのでその間に外出をしなくてはいけない場合はマスクなどで隠すようにしてください。

咬筋萎縮のデメリット

デメリットやリスクについて

咬筋萎縮の施術をデメリットや起こりうるリスクを知らない状態で行うのは危険です。そのため、きちんと知った上で咬筋萎縮の施術を受けるようにしてください。まず、一番は顔面神経や知覚神経が麻痺してしまう可能性があります。この神経は顎からエラにかけて走行しているので、注意をして施術する必要があります。そのため、経験の浅い医師であったりレントゲンを撮らないようなクリニックで施術を行うと医師が神経の位置をきちんと確認しないまま傷つけてしまうということもあります。また、この施術だけの話ではありませんが、感染してしまう可能性もあります。感染にかなり気を使っているクリニックであればドレーンや抗生剤点滴を2種類使うなどして感染率を限りなく0に近づける努力をしてくれます。こうした危険性は施術を行うクリニックによって確率が高まったり減少したりしますので、しっかりとしたクリニック選びを行えばそこまで心配するものでもありません。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*