輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のレディエッセのアフターケアが大事な理由

おでこ・額が平べったい状態だったり、へこんでいると、輪郭が美しく見えませんし、人によってはかなり老けて見られるので、顔の印象を良くしたいなら、美容外科でレディエッセの施術を受けることをおすすめします。
おでこ・額にレディエッセを注入すれば、その部分がふっくらとした丸みを帯びて、女性らしいラインを保てるので、試してみるようにしましょう。
レディエッセというのは、歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトを主成分にした長期持続型の注入剤で、注入後はそのままずっと残るというのではなく、長期で徐々に吸収され、なくなっていきます。
レディエッセを皮膚の平らな部分やへこんだ部分に注入すると、ふくらみを与えられるので、若々しく見えるようになるため、アンチエイジング治療として人気があります。
失敗すると、ほとんど効果を感じられなかったり、不自然な仕上がりになるので、いざというときのことを考えるなら、アフターケアが整った美容外科を選ぶことが大切です。

おでこ・額のレディエッセのアフターケア

アフターケアが大事

おでこ・額のレディエッセの施術を受ける際、アフターケアが大事な理由は、失敗したときに困るからです。
失敗の例はさまざまで、注入したはずなのに、ほとんど膨らんでいなかったり、逆に膨らみすぎていたり、デコボコした仕上がりになったり、しこりや皮膚の血行障害、壊死などを起こす場合もあります。
たとえ失敗したとしても、注入したレディエッセを溶解する薬剤はないので、自然に吸収されるまで待つ必要がありますし、注入部位によっては小さく切って、レディエッセを一部取り出すことも出来ますが、傷跡が残ってしまいます。
おでこ・額のレディエッセにより、皮膚が壊死したときは、軟膏を塗って、周りから皮膚が伸びて傷が閉じるようにしますが、このような状態になったときに、アフターケアをしてくれない美容外科を選ぶと、あとで後悔することになるでしょう。
おでこ・額のレディエッセで失敗したくないなら、実績のある名医に任せることと、アフターケアが整った美容外科に行くことなので、ただ単に安いという理由では選ばないようにしましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*