輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの名医選びまとめ3つ

おでこ・額の美容整形には、ポリメタクリル酸メチルという骨セメントを使って前額形成手術を行う方法があります。
この施術は、耳の上から後頭部を切開し、額の骨が出るように頭皮を剥がしていきます。額の骨に骨セメントで丸みのある額を形成し、頭皮を縫合して手術は完了します。
シリコンプロテーゼを使用したおでこ・額の整形に比べ、微妙な高さの調整が可能なため、自然な丸みを作ることができるのが特徴です。
ダウンタイムは1ヶ月程で、痛みがある場合にはアイスパックや冷えたタオルなどで患部を冷やすと、痛みは和らぎます。
全身麻酔をし技術を伴う大がかりな手術となるので、高い技術を持った医師でないと行えません。失敗のリスクを減らすためには、技術の高い、経験が豊富な名医を選ぶことが大切です。
丸みのある額は女性らしさの象徴ですから、ゴツゴツとした角張った額、凸凹が目立つ額などでお悩みの方は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの名医

額は女性らしさを表すパーツ

顔の中でも額は女性らしさを表すパーツです。美容整形を考える人は、まず目や鼻の施術を考えがちですが、それに加えて額も整形することで、正面からだけでなく、横顔の印象も女性らしく変えることができます。
以前は、額整形といえばシリコンプロテーゼが主流となっていました。頭皮を数センチ切開してそこからシリコンプロテーゼを挿入するだけなので、比較的手軽に行え、傷跡も小さく目立たないことから、人気の方法となっていました。
ただ人によっては、シリコンがズレたり、形状が浮き出て目立つなどのデメリットがあることから、現在ではおでこ・額のポリメタクリル酸メチルを使用した骨セメントが主流となっています。
おでこ・額のポリメタクリル酸メチルとは、固まると骨と同様の硬さになる素材で、主に人工股関節の固定などに用いられてきた素材です。
ただ硬化する際には発熱するため、額形成をする際には、頭皮を大きく剥離して、額の骨を露出させた状態で行わないと、皮膚がやけどを起こすため、技術の高い名医に施術してもらうことが大切です。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチル受ける上で評判の良い美容外科・クリニック

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルとは、後頭部を大きく切り開いて、頭蓋骨のおでこの部分にポリメタクリル酸メチルという骨セメントの素材を塗り、おでこの形を形成していく美容整形手術です。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルでは、シリコンプロテーゼの挿入よりも、細かい大きさや高さの調節が可能なので、西洋系の雰囲気にも、東洋系の雰囲気にも対応することができます。仕上がりの状態の希望がきちんと医師に伝わっていないと、仕上がりに不満が出やすいので、カウンセリング時にはきちんとした話し合いが必要です。

おでこ・額形成を失敗しない名医とは?

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの失敗例としては、仕上がりがでこぼこしてしまった、不自然な形となってしまったなどがあります。また縫合技術が低い医師の場合には、後頭部の傷跡が残ってしまい、その部分の毛が生えて来なくなってしまうというリスクもあります。

当相談所では、おでこ・額形成を受ける際のオススメ病院・評判の良い美容外科・クリニックをご紹介致します。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*