輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

輪郭整形 顔(正面/横顔)を小さくしたい

輪郭整形 顔(正面/横顔)を小さくしたい

顔が小さいほど全身のバランスがよく見えます。顔(正面/横顔)を小さくしたい場合には、輪郭形成におけるエラ削りアーチインフラクチャー(頬骨削り)あご削り/あご切り脂肪吸引バッカルファットなどの美容整形を組み合わせる事で可能となります。

過度な凹凸や張り出しのないキレイな輪郭形成を目指していくことで小顔形成を作り出します。

失敗を回避するためには、レントゲンを使って術前にしっかりとした手術計画を立てられる名医を選択出来るかどうかにかかっています。

こだわる名医は模型から作ってくれたり、ダブルライセンスのドクターもおられます。”なんちゃって輪郭専門医”には十分注意してください。

輪郭整形 顔(正面/横顔)を小さくしたい

症例写真

症例画像①

輪郭整形 顔(正面/横顔)を小さくしたい場合の美容整形・手術・治療

輪郭の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

その他の輪郭の美容整形の種類については下記をご参照ください。

失敗・修正・再手術

顔(正面/横顔)を小さくしたい場合の美容整形は輪郭形成が考えられます。ただし骨を削ったり切ったりする事は、修正・再手術を難しくしますので初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

効果・仕上がり・アフターケア

輪郭の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、正面や横顔の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

岡田准一と同様の輪郭はどんな整形で作れる?

岡田准一さんのように整った顔立ちは、きりっとしていてかっこよく、それでいながら優しい印象で、誰でも憧れてしまいますよね。

岡田准一さんのような、上品な印象の卵形の輪郭を作るには、どのような整形手術が必要なのでしょうか?順番に見ていきましょう。

まず、がっしりとエラが張ってゴツゴツした印象を与えてしまう輪郭を、スムーズな曲線のラインで卵形の顔に整えるためには、エラ削りの手術が欠かせません。

エラとは、耳の下の角張った顎の骨のことで、エラ削りとは、ここを削る手術です。
エラを削ると、顔のラインがすっきりして、きれいな小顔を作ることができます。

手術は、口の中の奥歯の歯茎の下を切開して傷を作り、角張ったエラの骨と余分な筋肉を削り取る方法で行います。傷は口の中に作るので、手術の痕が外からはわからなくなります。

次に、頬骨が突き出て輪郭がゴツゴツしている方は、頬骨削りの手術が必要です。

傷跡が目立たないように、口の中か、耳の後ろの髪の生え際に傷を作り、余分な頬骨を削ります。頬骨削りですっきりした上品な印象の頬にすることで、小顔に見えるようになる上、鼻が高く見えるという相乗効果もあります。

また、長すぎたり出っ張ったりしている顎の方は、顎削りの手術をする必要があります。顎の骨も、口の中に傷を作って施術します。歯茎の下の部分を切開して傷を作り、余分な顎の骨を削り取ります。

顎は、目立つ部分のため、顔全体の印象を確実に左右します。顎削りですっきりした顎を作ると、顔全体の印象が変わり、上品な印象の卵方の顔立ちになります。

このように、岡田准一さんのような上品な卵形の顔は、余分なエラや頬骨、顎の骨を削ることで実現できます。

しかし、これらの手術は、術後かなり顔が腫れる手術で、完全に腫れが引くまで数カ月を要します。

また、かなりの痛みを伴う上に、施術後に麻痺やしびれが残ってしまう可能性もありますので、まずは信頼のおける医師に相談してください。

ご自分にどの手術が必要で、どのくらいの期間休養が必要なのかも含め、事前の下調べや十分なカウンセリングが、何よりも重要です。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

輪郭の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。輪郭の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

小顔整形(顔を小さくする)を受けるなら?口コミ人気が高い美容外科・クリニックはここ!

小顔整形(顔を小さくする)ためのアプローチ方法はいくつかあるため、確かな技術でフェイスラインを整えてくれる美容外科を選ぶ必要があります。対応しているクリニックでは、悩みや要望から、適切な術式を選択してもらう必要があり、長い顎やえらが張っていることで悩んでいるときには骨を削ることが効果的ですし、脂肪で顔のサイズが大きくなっているときには脂肪吸引や溶解注射を利用することで改善が期待できます。

たるみで二重あごができているようなときにはリフトアップがあって、切開する方法もあれば高周波を照射して引き締めを狙うこともできます。顎の筋肉が発達している場合には、ボトックス注射で解消できる場合があります。

カウンセリング時に医師とコミュニケーションをしっかりと行い、検査を受けるなどして現在の骨格や皮膚、筋肉や脂肪のつき方を把握してもらい、各部位ごとに違う施術が必要になることもあるので治療計画を立ててもらうことが不可欠です。

料金・相場価格

小顔整形(顔を小さくする)ための安い方法は、脂肪溶解注射が1回で60,000円、エラ削り・顎削り・頬骨削りでそれぞれ1,000,000円ほどで受けることができます。骨削りなど難しい施術は値段が高くなるため、治療計画に合わせて見積もりを作成してもらうと良いです。

施術方法がたくさんあるため、患者自身もある程度内容を把握して、希望を伝えてその施術方法で問題が解決できるか、ほかに適切な方法があるかなど話し合っていくことが術後に後悔しないためには重要になってきます。クリニックごとに、治療内容や価格に違いがあるため、比較を行ってから実際に治療を開始するべきです。

なれていない医師が行うと、選択した術式で効果が得られなかったり、顔のパーツと合わないバランスが悪くなるほどフェイスラインを小さくされてしまう、目立つ傷跡を作られてしまうといった失敗も考えられます。

評判が良い小顔整形(顔を小さくする)施術を取り扱っているクリニックであれば、患者の理想に即した仕上がりになる術式を選択してくれて、悩みの解消につながる可能性が高くなります。

輪郭整形 顔(正面/横顔)を小さくしたい まとめ

輪郭の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*