輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬骨アーチリダクションに失敗したらどうなる?

頬骨アーチリダクションを簡単に説明すると、胸骨の出っ張りを改善させて小顔にすることができる手術のことを指します。また、輪郭を矯正することもできますので綺麗な小顔にしたいときなどには向いた手術といえます。ただし、頬骨アーチリダクションの手術についてはいくつかの方法がありますがいずれの方法も簡単な手術というわけではありません。そのため失敗してしまうリスクも存在するということを理解しておく必要があります。

一般的にこの手術で行われている方法としては、アーチインフラクチャーと呼ばれる方法です。この方法では正面から見た時の頰骨弓と呼ばれる部分の張り出し及び斜めの角度から見たときにおいて、頬の高い位置を 改善させることができます。たるみが少なく、手術後の変化についても変化が大きいことで知られており効果を実感することができやすいので主流となっています。
ただ、最近の手術においては頬骨を細分化して再配列及び再構築するという方法も考案されており失敗しにくい手術も出てきています。

頬骨アーチリダクションに失敗したらどうなる?

失敗例ついて

頬骨アーチリダクションの手術にもしも失敗してしまった場合に考えられる後遺症としてはまず仕上がりがうまくいかずがたがたになってしまうことが挙げられます。この手術は難易度がやや高めであり、医師の腕次第で成功率が変わってくる面が大きいことを特色とします。できるだけ実績のある医師を選んで手術を行うということが大事です。特に技術の高い学会研究を行う名医を選ぶほうが望ましいといわれています。
ダウンタイムについては約1ヶ月ほどかかりますので、かなり長めです。成功したかどうかの判断についてはある程度長めの期間様子見した上で判断することになります。
また、最悪の場合には頬骨アーチリダクションの手術失敗によって神経が傷つけられた結果表情がまれにつくれなくなってしまうという後遺症も報告されています。特に技術が低い医師においてはこの失敗例は起こりがちです。かなり高額な手術になってしまいますが、安いクリニックを安易に選ばないということが利用者に求められます。

頬骨アーチリダクションの失敗

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)の失敗により、たるみが起こった

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は、治療後にたるみが生じることもあります。骨を切った部分の皮膚がたるんでしまうことがあるため、治療をした後に、しっかりとしたケアをしてくれるようなクリニックを探すことが大切です。たるみに関する治療を多数導入しているような環境などもおすすめできるため、いろいろな条件を比較するとよいです。口コミなどで、たくさんのことを比較できるため、よい場所を探しやすくなっています。

効果が無い場合もある

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は、治療を受けても期待したような効果が無い場合があります。頬骨が出ている人に効果が大きな治療方法になっているため、あまり頬骨が出ていない人の場合は、骨を削っても効果が出にくくなっています。また、骨を削り取る量も治療効果に大きな影響を与えていく内容であるため、治療後の顔をしっかりと予測して治療を施してくれる医師を探して治療をお願いすることが大切です。

神経麻痺をする可能性もある

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は、神経麻痺を引き起こす可能性があります。神経や血管などを損傷させてしまう可能性がある治療法であり、神経などを傷つけないような治療を行っている名医を見つける必要があります。また、万が一、神経麻痺などの異常が発生した場合に、しっかりと治療をしてくれるようなクリニックであることも重要になっていて、さまざまなリスクを考えて、治療を行うクリニックを探す必要があります。

よいクリニックを探すことがおすすめ

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は、顔の輪郭を変えていくことが可能な治療法になっていて、人気がある治療になっています。しかし、骨を切る治療法であり、大幅にメスで切開していくような内容の治療をしていく必要があるため、治療に関するリスクが非常に多くなっています。そのため、リスクについて対処がきちんとできるような環境のクリニックを探すことが大切になっていて、口コミなどを比較することをおすすめします。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*