輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬骨アーチリダクションの名医を見極める3つのポイント!

頬骨アーチリダクションは、弓部を削る方法やアーチングフラクチャー、再構築法などの手術方法があります。
現在、一般的に行われているのが、アーチングフラクチャーによる手術法です。
たるみが少なく見た目の変化を大きく変えることができるなど数多くのメリットがあるのもアーチングフラクチャーの嬉しい点です。
しかしながら、頬骨アーチリダクションを行う際には、名医に手術を依頼することが重要です。
輪郭専門医などの名医に手術を行ってもらうことで、技術力が高く安全に行うことが実現します。
現在、日本全国にある数多くの美容外科クリニックで頬骨アーチリダクションの手術を行うことが可能ですが、頬骨の出っ張りを改善することができるなどコンプレックスを早期に解消できるのも口コミで大きな話題を集めている理由と言えます。
顔を引き締めて小顔になったり輪郭を綺麗に整えることができるなど、数多くの効果を期待することが可能な手術法としても人気です。

頬骨アーチリダクションの名医

デメリットやリスクについて

頬骨アーチリダクションは、短期間で頬骨の出っ張りやフェイスラインの引締めなどの効果を実感することができますが、名医に手術を行ってもらわなければデメリットやリスクに見舞われてしまうこともあるので注意しましょう。
例えば、頬骨がガタガタになってしまうなどのリスクがあります。
また、頬骨アーチリダクションを行ったことで表情筋が壊されてしまうなどのトラブルに見舞われてしまう方もいます。
このようなトラブルに見舞われてしまうと神経が傷つけられてしまう結果になり、感覚が麻痺するなどの後遺症に悩まされてしまう方も少なくありません。
リスクや後遺症を避けコンプレックスを解消するためには、手術前に必ずカウンセリングを受けるようにしましょう。
美容外科クリニックのカウンセリングを受けることでドクターの実績や経験を確認することができるので安心です。
技術力の低いドクターに頬骨アーチリダクションを行ってもらうことで、失敗例も多いので要注意です。

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)の評判が良いクリニック。口コミの内容は?

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は、解剖学的な知識と骨削りの技術が必要で、信頼度の高い医師にお願いし、きれいに形成してもらわないと修正が必要な仕上がりになってしまうことがありますから、安心して任せられるクリニック選びが不可欠です。

頬の骨が出ていることが気になり改善したい人に適した施術で、頬骨の横はアーチの形になっていて、厚みも5mmほどしかないため削るのが難しい部分で、2から3mmほど削っても変化が感じられないため、一般的に骨切りも行い内方向に移動させて大きな変化を出す施術が行われます。顔の横幅が狭くなり、最大で2cm程度の変化が可能です。アプローチは、口の中からとこめかみの傷が目立ちにくい部分を切開して行われます。術後数日は、固定のためのバンドの装着が必要なことがあります。状態が落ち着いて完成したといえるのは、3か月ほどかかります。

安いところで500,000円ほど

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)は安いところで500,000円ほどで行っているところがあります。顔の骨の状態によって、費用に違いが出てきます。慣れていない医師が行うと、内方向に移動させた骨が刺さってしまうなどといった失敗が起きることがあります。左右差が出て、どちらか一方だけふくらみが残ることや、顔が歪んで見えるなどといったデザインの失敗が起きると修正するためにはまた切開が必要になり、体への負担が増えるため、医師の技量に左右される手術は初めからしっかりとした対応が受けられるクリニックに行くべきです。

口内は溶ける糸による縫合が一般的ですが、こめかみは1週間後くらいに抜糸が必要になります。術後から完成するまで経過観察もしっかりと行ってくれる病院だと、炎症などが起きたときにすぐに対応してもらうことができて安心です。頬骨アーチリダクション(頬骨削り)の評判が良いクリニックなら、スムーズな手術や異常が起きたときの対応も安心して任せることができます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*