輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

失敗したくないなら咬筋切除のデメリット3つを知っておこう

咬筋切除をする事によって噛んだ時にエラ部分が福良名膜なり小顔効果も期待出来ます。

この手術自体によって発達し過ぎている咬筋を気にならない程度にする事が出来ます。

その為とても魅力的な治療方法として検討する人も少なくないのが現状です。

しかし、実際にはこの手術自体はエラ削りと併用して行われる事が多く、さらに手術の結果としては必ずしも顔がすっきりとした印象になるとは限らず、手術をしたのにあまり変化が見られないという場合も珍しくありません。

それが咬筋切除を受ける場合の大きなデメリットと言えます。

従って実際に手術を受ける場合はその点について十分理解した上で、必ずしも希望している結果になるとは限らないと言う事を頭の中に入れた状態で手術を受ける事も重要となります。

また医師の技術によっても結果が左右する事も少なくありません。
従ってどこの病院で手術を受けるか、納得のいく結果を得る為には慎重に病院を選ぶ事が重要です。

咬筋切除のデメリット

デメリットについて

咬筋手術を行う場合、メリットも色々と聞く事になりますが実際にはデメリットもあります。
その一つが口の中の出血が多くなると言う事です。

手術は確かに咬筋を切除するのである程度の出血を避ける事は出来ませんが、正しく管理されたところで手術を受けた場合はそういった口の中の出血が少なくて済む場合も多々あります。

しかし管理が行き届いていないと顔に麻痺が残ってしまったりする場合も少なくありません。

咬筋切除自体は誰にでも効果を感じる事が出来る物ではなく、その手術の効果を感じやすい人とそうではない人がいます。

従って実際には手術の前にどれくらいの効果が出るか、期待できるかという事をシミュレーションを行って確認しておく事が重要です。

また病院自体の管理体制も重要ですが、咬筋切除を行う医師の技術の高さにも目を向けておく必要があります。

そうすれば出血が多くなってしまうとか、麻痺が残ってしまうと言うデメリットを可能な限り起こりにくくする事も可能です。

咬筋切除(えら削り)が原因で神経麻痺になることも…怖いデメリット

神経麻痺が起きてしまう可能性はあるのか。

咬筋切除(えら削り)では、オトガイ神経付近に施術を行うため神経麻痺になる可能性が高くなります。特にオトガイ神経は知覚神経に当たるため、この神経に傷をつけてしまうと痺れや感覚麻痺を起こしてしまい、強い不快感や違和感が起きてしまいます。

医師の技術だけでなく、手術に至るまでの検査方法やカウンセリング時の対応、シミュレーションをどの程度行ってくれるのかを確認する事が大切です。

この美容整形にも効果が無い場合があるのか

咬筋切除(えら削り)は、小顔を目的とした美容整形手術ですが、手術による効果は医師の技術によって大きく左右されます。

ただ削るだけでは顔を横から見た時の変化しかなく、正面から見た時の小顔効果が少ないといったケースもあります。そのため、えらに当たる部分の骨格や筋肉を熟知し、高い技術が必要となる美容整形となります。
医師を選ぶ際には現在までに行った咬筋切除(えら削り)手術に関する写真などを確認しましょう。

シミュレーション時に予防できるたるみについて

咬筋切除(えら削り)手術を行った後に、たるみが出てしまう可能性があります。手術前に行うカウンセリング時などに、たるみがその程度起きてしまうのか判断してもらう事が大切です。

あご付近が垂れてきてしまう可能性が高ければ、複合的にフェイスリフトなどを行い予防をする事が重要です。
ただし、シミュレーション時などに医師の判断が甘いと、手術後のあご付近の輪郭崩れが起きてしまう可能性があるので医師を選ぶ際には注意が必要です。

ナナ(アフタースクール)と同じような輪郭になれる整形

人気のある芸能人や若者というのは小顔でスッキリしていることが多いです。

顔立ちは良くても顔が大きく見えたり、エラが張っていたりすると綺麗でかっこいい顔に見られないことも多いので、綺麗な顔や小顔に見せるためにエラ削りなどを行う人も多いものです。

頬骨削りや顎削りをすることで輪郭がすっきりした感じになるので、モデルのような顔立ちを目指す人や、写真写りを良くしたいという人にも良いでしょう。

写真に写る時というのは普通の顔よりも大きく映ったり、他の人の顔の大きさと比較して自分だけ大きいようにも感じてしまうものです。

芸能人の場合はテレビ写りや写真写りなども意識して、顔を小さくするメイクをするようなこともありますが、普通の人であればなかなかそういったこともできないものです。

ナナ(アフタースクール)なども人気が高いですが、自己管理とメンテナンスをきちんと行うことによって安定の体型や顔の輪郭を維持しているものです。

芸能人は仕事の関係上ずっと同じ体型を維持していかなければいけないことも多いので、整形に頼ることもありますが、整形に頼る手段というのは一般人でもあります。

単純に太ったりして体型が変化してしまうような場合は痩せて脂肪を落とせば良いだけですが、もともとの骨格がごつごつしているような場合は骨を削る方法で骨格を変えていくしかありません。

骨格を変えることによって体がシャープな印象にもなりますから、細身の体型になりたいような人にも良いでしょう。

ですが、骨を削るということはもとの骨格には戻れないということですから、戻れないリスクも知ったうえで施術していくことが必要になってくるでしょう。

また、施術した後のイメージ画像なども見せてもらうとわかりやすいでしょう。

知っておくべき名医を選ぶポイントとは

オトガイ神経など顔面の感覚に影響する神経付近を施術する美容整形のため、技術の甘い医師は避ける事が大切です。特に咬筋切除(えら削り)の場合は元の状態に戻す事が難しく、神経麻痺を起こせば元の感覚を取り戻すのも場合によっては難しくなります。

そのため、医師は経験が豊富で技術面でも対応力でも安心できる名医を選びましょう。当相談所でも咬筋切除(えら削り)に関する名医を紹介する事も可能です。お気軽にご相談下さい。

 

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*