輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

上下顎歯槽骨後退のリスクにはどんなものがある?

上下顎歯槽骨後退によって起こるリスクとしては、出っ歯、受け口など口元の気になる部分が出てくることで見映えがよくありません。そのため精神的なダメージを負いやすくなってしまいます。こうした状態を改善するために輪郭形成を行い改善する手術を受けることが可能です。
上下顎歯槽骨後退の手術においては、上下の顎の4番または5番目あたりの歯を抜いた後にその部分の骨や組織を切除してとりさり、出っ歯や受け口の原因となっている部分を改善させて引っ込めます。
この手術で重要なこととしては、医師の美的センスに委ねられるという点が大きいです。
この手術は難易度が高めで、上顎と下顎のバランスをきちんと考慮した上で行う必要があります。ですので、しっかりとした治験計画を手術前に把握しておく必要があります。医師に求められることとしては、患者との信頼関係やコミュニケーションなどをして充分にこの手術に対する計画とリスクを把握しておく必要があります。

上下顎歯槽骨後退のリスク

リスク・費用について

上下顎歯槽骨後退の手術を行ったときに生じてしまうリスクとしては、仕上がりの難しさやダウンタイムの長さなど多くの点があります。ダウンタイムについては2週間となっています。手術を受けるにあたってはある程度まとまった休みが取れる状態でないとやや厳しいといえる場合もあります。ダウンタイム中においては口を開くことががやや難しく、人と会話することもしばらく我慢が必要となるということを留意しておきます。
上下顎歯槽骨後退の手術では、失敗することによって皮膚がたるんで見映えがより悪くなってしまったり神経が麻痺している状態が続いて精神的な苦痛を伴う場合もあります。上手くしゃべれないなどの症状が起きる場合は速やかに医師と相談する必要があります。
手術にかかる費用は120万円ほどが目安です。決して安くない費用がかかってしまいます。そのほかカウンセリング代が別途かかり、全身麻酔の代金は10万円ほどが別途でかかります。事前に見積もりを出してもらうようにすることが大切です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*