輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の修正は可能?内容は?

美容整形の1つに、笑った時に歯茎が見えてしまう状態を改善する施術として上顎短縮骨切りがあります。施術の概要としては、歯茎の上方の目立たない部分の粘膜のみを切除して見えにくくする内容となっており、施術の対象としては、笑った時に少し見える歯茎を治したい場合や、ガミースマイルを治したい場合となっています。ガミースマイルとは歯茎が見える症状のことを指しますが、ここでは、傷を目立たないように行いたい場合や出っ歯も同時に治したい場合、また、重度である場合、歯列矯正を用いないで行いたい場合などが理由となってきます。
上顎短縮骨切りでは、前突だけでなく縦方向にも長い場合には上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)を行いますが、この場合には施術後に修正などが無いようにする必要があります。施術を依頼する場合には技術が高い医療機関を選ぶ必要があり、ここでは、経験や実績のある医師に担当をしてもらうことが重要になります。施術としてはガミースマイル改善として人気の高い治療方法でもあり広く行われていますが、十分に考慮をした上で判断をすることが大切になります。

上顎短縮骨切りの修正

施術に対して実績や経験のある医療機関や医師を選ぶことが重要

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)は、ガミースマイル状態が重度の場合、上顎骨を水平に骨切りを行い、上の歯全体を上方に引き上げ歯茎を見えないようにする施術となります。上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)は、咬み合わせには一切影響を与えないために、術後に歯の矯正は不要となりますが、施術の失敗や修正には十分に注意をする必要があり、ここでは、施術に対して実績や経験のある医療機関や医師を選ぶことが重要になります。
失敗例としては、バランスが悪くなってしまったり知覚の麻痺等を上げることができますが、バランス等が悪い場合などにおいては、再手術を行うことで修正をする必要があります。修正に関しては術後の結果次第では不可能となる場合もあり、できるのかどうかに関して、万が一執刀医が信頼できない場合などでは、確かな技術を持った医師に依頼をする必要があります。
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の施術では、いわゆる名医の場合にはトラブルを回避するために事前にレントゲンを使った治療計画や、場合によっては模型の製作による説明を行っており、確かな医師を選択することが成功へとつながることになります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*