輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顔(ほっぺ)の脂肪吸引を受けるのはデメリット3つを知ってから

ほっぺの形を綺麗にするというのはとても難しいです。

ほっぺの形は人によって違うので、自分のほっぺの形にコンプレックスを抱いている方も少なく無いです。

ほっぺの形次第で全体の顔の雰囲気も変わってくるので、これは仕方が無い点と言えます。

しかし、顔のほっぺに悩んでいる方でも、脂肪吸引サービスを利用する事で悩みを解決出来ます。

ほっぺの脂肪が多い方向けのサービスで、脂肪を吸引する事で、ほっぺの脂肪を減らして形を綺麗にするというサービスです。これならほっぺの形に悩まされているような方でも、確実に形を変える事が出来るようになります。

脂肪吸引を行うのはプロの方なので、安心して顔の事を任せる事が出来ます。

このサービスはとても便利なので気軽に利用する方も居ます。

確かに気軽に利用出来るサービスですが、利用する前にデメリットを理解しておく事でより安心してサービスを利用出来るようになるので、デメリットについてはちゃんと調べておきましょう。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引のデメリット

デメリットについて

顔(ほっぺ)の脂肪吸引サービスを利用すると発生するデメリットは、ほっぺが腫れる可能性が高いという点です。

肌の奥深くにある脂肪を吸引して形を変えてしまうようなサービスなので、肌が異常を感じて腫れてしまいます。このせいで痛みが発生したり、暫く見た目が変になってしまうという可能性も高いです。

しかし、ただ腫れているだけなので、時間が経てばちゃんと元通りになります。この際に注意したいのが、激しい運動をしてはいけないという点です。

激しい運動をして血液の流れを良くすると、腫れが大きくなったり、治りが遅くなる可能性が高くなります。

また、内出血が発生したりする危険性も高いです。

基本的に顔(ほっぺ)の脂肪吸引サービスを利用した後は安静にして生活をしていればこういったトラブルに巻き込まれる事は無い為、血液の流れが良くなるような激しい運動等の行動は避けて、静かに生活して治りを早めるようにして、失敗をしないようにしましょう。

デメリットに気をつけて。顔(ほっぺ)の脂肪吸引で脂肪の取り過ぎになるワケ

脂肪の取りすぎによるデメリットについて。

脂肪を取ると確かにその分細くなりますが、それとともにリスクもあります。顔(ほっぺ)の脂肪吸引を受けて脂肪の取り過ぎは、頬にたるみが出てきてしまう可能性があります。

そして、そのたるみは自然に治ることはないため小顔になろうとするあまり脂肪をたくさん取ってしまうのはたるみを招く可能性があるため、事前にたるみが出ない程度に脂肪を取ってもらえるよう相談してから手術を受けることが重要です。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引によりやつれる・こける可能性

顔(ほっぺ)の脂肪吸引で脂肪の取り過ぎは、やつれる・こける顔になってしまうリスクもあります。この場合も自然に治ることがないため、1度やつれる・こける顔になってしまうと元に戻ることができません。

また、やつれたりこけた部分を治そうと太ろうとしても、脂肪細胞の数が減っているため太りにくい状態になっており、取り返しのつかない状態になる可能性もあります。脂肪の取りすぎは、理想よりもひどい顔になる可能性もあるため注意が必要です。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引により皮膚が硬くなるリスク

顔(ほっぺ)の脂肪吸引は、皮膚が硬くなる可能性もあります。脂肪吸引をした皮膚の部分は空洞化するためその部分を早く修復しようと繊維質が溶着剤のように空洞化部分に張り巡らされてしまいます。

そうすると皮膚の表面が固くなってしまいます。さらに固くなった皮膚はでこぼこしてしまうため固い部分が目立ってしまうリスクもあります。脂肪の取り過ぎは、皮膚の硬さがさらに強くなる可能性もあります。

安心できるおすすめの美容外科について

脂肪吸引には様々なリスクがありますが、きちんとした病院、医師に相談をして手術をしてもらえばこういった最悪の事態を招くことはありません。

当相談所ではおすすめの美容外科を紹介しており、多くの人から信頼を得ているため安心して任せることができます。

顔の脂肪吸引をお考えの方は、一度おすすめの美容外科で相談をしてリスクを避けて自分の理想の顔に近づく相談をし、納得してから手術をすることが大切です。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*