輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬の脂肪注入のリスクを正しく知っておこう

人によって顔の骨格は異なりますし、年齢と共に肌がたるみやすくなりますので若いころに比べるとどうしても、年齢を重ねる事で顔の印象が老けた状態になってしまう事は珍しくありません。特に頬がたるみやすくなると目の下から頬にかけてのラインが骨ばってしまい、エラが目立つようになってしまう恐れがあるのでふっくらとした頬を手に入れる方法として美容外科クリニックなどの医療機関で、ヒアルロン酸注入や脂肪注入などの施術を受けることにより、短時間でふっくらとした魅力的なフェイスラインを手に入れることが出来ると多くの女性から支持されている人気の施術になっています。
ただ外部から直接肌に注入する施術を行う必要があるため、何度が注射を指す事で施術後に起こるダウンタイムのリスクも少なくありません。特にヒアルロン酸注入に比べて脂肪注入は時間をかけて肌に注入する必要があるため肌にかかる負担が増えてしまい、人によっては腫れや内出血が数日続いてしまう場合もあります。

頬の脂肪注入のリスク

施術後のリスク

頬の形成術を行う場合、多くの美容外科クリニックでは主にヒアルロン酸の注入などが短時間で肌に負担をかけることなく行う事が出来る事から、施術を受けることが出来ますがヒアルロン酸は時間が経つとどんどん肌に成分が吸収されてしまうので平均6カ月~1年程で同じ施術を受ける必要があります。しかし頬の脂肪注入の場合、自分の腹や太ももから余分な脂肪を吸引して頬の脂肪注入に使用するため、自分の脂肪は体に馴染みやすく自然な仕上がりにすることが出来ますし、脂肪は体内に吸収されにくいため施術を行ってから半永久的に綺麗な状態を維持することが出来るメリットがあります。
ただヒアルロン酸注入は10分程度で施術が終わるのに反して、脂肪注入には約60分ほどの施術時間がかかってしまうので、時間がかかるだけ肌にかかる負担も大きくなり、施術後のリスクとしてダウンタイムが長引く恐れがあります。脂肪注入の後に起こるダウンタイムを悪化させないためにも、施術後は過度な運動はせずにゆっくりすることが必要です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*