輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬インプラントのデメリットとして知っておきたいこと

頬インプラントは、ミッドフェイシャルリフトという呼ばれ方をするように、頬の上にインプラントを挿入することで、美しい頬の形にすることが出来る方法です。
綺麗な形の頬になるだけではなく、お肌のたるみが解消されるので、張りが出て来て若々しく見えるメリットがあります。
頬のインプラントは、まつ毛の側か口腔内から挿入をしてインプラントを骨の上に留置するやり方です。
デメリットは、あまりにも不自然な印象になってしまうことがあります。
インプラントを受ける方の顔に合わせた頬インプラントが適切に行えない美容外科では、こう言ったこともありえます。
誰もが同じような手法で行うのではなく、それぞれの個性を引き出すような美容外科のスキルが無い場合には、せっかくの施術が失敗してしまったり、不満が出たりしてしまったりすることがあります。
また、違和感を感じたり、感染症を引き起こしたりすることがあり得ます。
再手術を行わなければならないこともあります。

頬インプラントのデメリット

丁寧なカウンセリングが必要不可欠

美容外科の中には、カウンセリングも5分で済ませてしまったり、手術後のアフターケアも適切に行わないところがあります。
そういった病院では、術後のトラブルがやはり多く報告されているのが現状です。
そのためにも、頬インプラントを受けたいと検討している場合には、出来る限りデメリットを回避するために、技術が高い医療機関や先生を選ぶ必要があります。
頬インプラントを行える医療機関でも、丁寧なカウンセリングを行うことが出来て、アフターケアのきめ細かさがあり、満足度の高いところをまず探す必要があります。
近年、人気の施術になっているので、気軽に受けたい方も多いでしょうが、このようなデメリットがあり得ることも知識として知っておく必要があります。
納得が行った上で、信頼があり実績も豊富な医療機関をまず探すのが、こう言ったデメリットを防ぐための手立てになります。
満足の行く施術を受けるためにも、慎重に選ぶことをお勧めします。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*