輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

有給何日使えばいける?頬骨削りのダウンタイム

東洋人は頬骨が張っている傾向にあり、それが顔を大きく見せるとコンプレックスに感じている人は少なくありません。頬骨削りの施術を受けることで、小顔効果が得られる人も多く、今人気となっています。もみあげ付近のい皮膚と口腔内の粘膜を切開し、頬骨の顔の輪郭に影響を与えている部分をカットしたり、内側に移動させたり、削るなどしてフェイスラインを整えます。手を加えた骨を固定するのに、チタンプレートやワイヤーなどを用います。大掛かりな外科的手術になりますが、シャワーは手術の翌日から、顔をぬらさない首から下であれば可能です。顔や頭部に関しては、ドレーン抜去の次の日からできます。メイクもドレーン抜去の翌日からになります。頬骨削りで入院を伴わないことがほとんどですので、有給を最小限で済まそうと思えば、ドレーン抜去の翌日までを目安とすればよいでしょう。ダウンタイム中は休みたいということでも、1ヶ月ほど要しますので、その間休むことが不可能な人も多いでしょう。

頬骨削りのダウンタイム

ダウンタイムやアフターケアについて

頬骨削りのダウンタイムは1ヶ月といわれていますが、腫れや内出血は個人差あるものの、3日をピークに、おおよそ3週間ほどで徐々に軽減してゆきます。痛みも同様です。こめかみ部分の抜糸は1週間目、口腔の抜糸は2週間目が目安。目立つこめかみ部分の抜糸が済むまで有給をとったという人も案外多いものです。食事ははじめの1週間から2週間は厚い物や刺激物、硬いものを避け、その後段階を追って慣らします。喫煙と飲酒、激しい運動は傷の回復に影響しますので、1ヶ月は避けるべきとされています。食事の後は感染症を防止するために、処方されたうがい薬でうがいを行います。通院は翌日と2日目、術後1週間目、術後2週間目に必ず行うとしている病院がほとんどです。その間、何かあれば受診します。頬骨削りの手術自体の準備や所要時間は負担にはなりませんが、アフターケアが仕上がりや治りに関わってきます。医師の注意事項を正しく守ることが必要です。むくみが取れるの3ヶ月ほどかかります。すべて整うのは、6ヶ月を経過したあたりです。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*