輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ整形・額形成の名医を探すには?

最近は鼻を高くする手術とともに鼻筋を通したり、西洋人のような顔立ちに出来るとおでこ整形・額形成を受ける方が増えています。方法としてはヒアルロン酸を注入する方法や自分の脂肪を注入する方法、そして、シリコンプロテーゼを挿入する手術、アパタイトやポリメタクリル酸メチルという骨セメントで額の骨を形成する方法があります。中でも、シリコンプロテーゼやアパタイト、ポリメタクリル酸メチル(骨セメント)でおでこ整形・額形成を行う際は皮膚を切開し剥離させる手術が必要ですので実績ある名医を見つける事が大事です。

特にアパタイトや骨セメントの場合は頭皮を大きく切開し目の上まで皮膚を剥離させるため神経の状態を把握し、額の骨への微妙な形成を行う必要があるため繊細な技術が必要となります。また全身麻酔や静脈麻酔をかけた上で3時間~4時間ほどになる大きな手術を行い、術後もダウンタイムが2週間ほどと比較的長く、腫れや浮きなども起こりやすい為適切な処置が出来る医師を選びましょう。

おでこ整形・額形成の名医

実績のある名医を選ぶ

鼻を高くしたり目を大きく見せる美容クリニックの施術とともに、最近ではより彫を深く見せたり西洋人のような顔立ちにするため「おでこ整形・額形成」を行う方が増えています。このおでこ整形・額形成術は他にも日本人特有の平たいおでこや、凹凸のあるおでこ、加齢とともに深くなった額のシワの解消にも有効な施術で、代表的な方法としては「ヒアルロン酸・脂肪注入」や「アパタイト・ポリメタクリル酸メチル(骨セメント)術」「シリコンプロテーゼ挿入術」があります。ヒアルロン酸や脂肪注入は神経ブロック注射を打った上で皮膚内にヒアルロン酸や自分の脂肪を注射していく方法で数か月で体内に吸収されてしまい再度施術を行う方も居ます。

また、アパタイトや骨セメントは麻酔をかけ頭髪内の頭皮を切開し目の上まで剥離し、額の骨に直接アパタイトや骨セメントを乗せる手術で、手術の所要時間は3時間~4時間ほどもかかり、シリコンの場合もまた頭髪内を切開しそこからシリコンを挿入して固定する1時間以上の手術となります。このように繊細な技術が必要となる施術ばかりですので出来るだけ実績のある名医を選ぶことをお勧めします。

おでこ整形・額形成の名医

口コミ人気の高いおでこ整形・額形成が受けられる美容外科とクリニック

おでこが平らであったり、陥没が見られるとのっぺりとして見えたり、実年齢より老けて見えてしまうことがあり、顔にメリハリを付けるため、おでこに自然な丸みを持たせるようにすると改善が期待できます。

術式はいくつかありますが、半永久的で高い効果が期待できるのは骨セメントを置く手術です。

後頭部を冠状切開して皮膚を剥離して行きおでこの骨を露出させて行うため負担は高いですが、注入する方法だと失敗してしまう可能性が高くなるため、きちんと形を整えられる手段の方が仕上がりがきれいになります。

眉上の部分が出っ張りすぎている場合には、骨を削って整えることがあります。骨セメントは徐々に自分の骨と同化してくれるため、自然な仕上がりが期待できますし、拒否反応が出る心配もいらない方法です。顔のバランスが取れるように、形成することがポイントになります。

おでこ整形・額形成の料金は、安いところで1,200,000円ほどの値段から行っているところがあります。

下手な医師に注意しよう

施術になれていない医師が行うと失敗することが合って、骨セメントが固まってしまう前にきれいに形を整える必要がありますが、手間取ってしまい部分的に削る必要性が出るなどして手術時間が長引いてしまう医師もいます。

きれいな丸みのあるデザインにできなかったり、横から見たときの顔のバランスが整っていない、でこぼこが残るといった失敗があると修正が必要になって体への負担が高くなってしまいます。

おでこから鼻筋に行く眉間の部分が、不自然なつながりに見えるようにしてしまう医師もいるため、はじめから技術のある医師のもとで施術を受けることが肝心です。

評判が高く、おでこ整形・額形成を数多くこなしてきたクリニックの医師であれば、失敗してしまうリスクを減らし、理想的なおでこの形に整えてもらえる確率が高く、安心して任せることができます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*