輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ整形・額形成の効果でふっくらとなる?

おでこ整形・額形成は美容整形の分野です。プチ整形でヒアルロン酸の注入をして一時的に治す方法もありますが、効果は持続しないため、永久的に続けるには切開して何らかの施術を行なうおでこ整形・額形成が確実です。

おでこの悩みというとやはりのっぺりとした厚みのなさがあげられます。

もともと日本人は彫りの深い欧米人などと比べて扁平な顔のつくりとなっているのですが、控えめな雰囲気を生み出す半面、影の薄さや実際より老けた印象も与えがちです。

おでこは年齢とともにシワが出やすい場所でもあるので更に年齢が感じられます。

それを解消するために行なわれるのが額に丸みを持たせる方法なのです。頭髪内を切開して額の骨に人工の骨を置くという施術が一般的ですが、シリコンではなく骨セメントなど使用すると次第に自分の骨と同化して自然になっていきます。

逆に出っ張りすぎているという場合には眉の上の骨部分を削るという手術も行なわれます。凹凸が気になるという場合には額形成でなめらかにさせます。

おでこ整形・額形成の効果

美容整形なので保険の適用外となり費用は高くなる

おでこ整形・額形成でおでこに厚みを出したいという場合、用いられるのは、少し前まではプロテーゼという人口軟骨が主流でしたが最近はアパタイトやレジンなどの人工骨が使われるようになっています。

扁平な額が気になる人や額がデコボコしているのを治したいという人、西洋人のように彫りの深い顔立ちになりたいという人・額のシワが気になっているという人におでこ整形・額形成施術は効果をもたらします。
切開する施術ですが傷跡は髪の毛に隠れるためみえることはありません。

額に厚みがあると若々しく女性らしく見えます。額にボリュームが出る分、顔立ちがはっきりして逆に小顔に見える効果が得られます。

厚み調整以外にも、髪の毛を額に移植して額を狭める施術や、逆にレーザー除毛術や頭皮切開術によって狭かった額を広げる施術などもあります。

美容整形なので保険の適用外となり費用は高くなりますが、なりたい自分を手に入れることができる方法なのです。

おでこに丸みが出る

おでこの形を整える手術として行われるのが、おでこ・額のゴアテックスプロテーゼ挿入手術です。

一般的には、シリコンプロテーゼを使用している場合が多いのですが、ゴアテックスプロテーゼは、シリコンプロテーゼよりも素材が柔らかく、仕上がりが自然になるので、よりナチュラルな仕上がりを求める人に向いている手術です。

しかし、ゴアテックスプロテーゼの挿入は、シリコンプロテーゼよりも難しい手術となるので、医師のレベルの高いクリニックでないと受けることができません。

また、シリコンプロテーゼに比べて、表面がざらざらした状態になっているので、挿入後にずれにくいというメリットがあります。
しかし、万が一抜去をする場合には非常に困難になるので、事前にカウンセリングを丁寧に行い、修正や再手術が必要ないような状態にしておくことが大切です。

おでこに丸みが出ると、女性らしい印象に変われます。

修正や抜去の無いように上手なドクターを選ぼう

ゴアテックスプロテーゼの場合、挿入後の安定性が良いので、失敗した場合の修正手術や抜去手術がとても困難になります。

このような事の無いように、評判の良い、高い技術力と豊富な知識を持っている医師の在籍しているクリニックを選択することが大切です。おでこ・額は顔の中でも非常に目立つ部分です。

きれいに仕上がりになるような工夫をしましょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*