輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラ削りのデメリットとリスク4つと上手な病院のご紹介

エラ削りのリスクとトラブルを最小化する医師選びのコツ

人間の顔はパーツ一つ違うだけで雰囲気が変わります。特にエラの部分は全体の顔の雰囲気を大きく変えるので、エラの形で悩んでいる方も少なく無いです。

自由に形を変えられる事が出来れば悩みも解決出来ますが、人間の体はそう簡単に個人で形を変えられる物でも無いです。

しかし、最近ではエラ削りサービスを利用する事で形を変えられるようになってきているので、お金が用意出来ればクリニックで相談して、エラ削りをして貰って理想の形にする事も出来るようになっています。

医師の方は自分の希望するようなエラの形を聞いてくるので、その際にイメージをちゃんと伝える事が出来れば、イメージ通りに削って貰う事が可能です。

形そのものを削って変えるので、サービス利用後に形が少しずつ戻っていくという事は無く、ずっとその形を維持する事が出来ます。

エラ削りサービスはとても便利ですが、デメリットもあるのでその点には注意をしておくようにしましょう。

エラ削りのデメリット

デメリット・リスクについて

エラ削りサービスのデメリットは、弛みが発生する事があるという点があります。エラを削ると今まで横に広がっていた骨を削る事になるので、その分皮膚の広がりに余裕が出来てしまい、これが緩みとなってしまいます。

人によっては弛みが出ない場合もありますが、絶対に出ないという訳では無いので、気を付けましょう。

他にもエラ削りをするとなると傷を付けるような物なので、腫れてしまうという点もあります。顔が腫れている間は顔の雰囲気も変わるので、見た目を気にする方にとっては困った点です。

何時までも腫れているという訳では無く、安静にしていれば一定の期間でちゃんと治る物なので、腫れが大きくなったり治りが遅くならないように負担をかけないようにして生活をするようにしましょう。

見た目の事が気になる場合は、外出をする機会が少ないタイミングでサービスを利用する、等の工夫をする事で悩みを解決出来るので、こういった点にも気をつけるようにしましょう。

エラ削りのリスク

エラ削りのデメリットを知りたい!たるみになる確率

たるみが出ないように手術できる医師を見つけましょう。

エラ削りにはたるみが残ることをご存知ですか。特に40代以上の方に出やすい症状とされていますが、たるみが出ることにより、実年齢よりも老けた印象になってしまいますので気をつけましょう。

事前に判断できれば、同時にリフトアップを行い避けることが可能です。しかしこれは、医師の技術力と知識の問題でもありますので、事前に丁寧にカウンセリングを行う必要があります。医師選びも慎重にしましょう。

エラ削りには思ったような効果が得られません

エラが張って気になる方は多くいます。削り取ってしまえばいいと簡単にお考えかもしれませんが、とてもリスクが高い手術なのです。エラを少し削ったところで、思い通りの輪郭になれるわけではありませんので覚えておきましょう。

手術には限界があり、オトガイ神経管の走行の仕方によっては、切除できない箇所が出てくることがあります。このことより、結果的にあまり効果が無いとなってしまいます。

オトガイ神経麻痺となってしまう可能性があります

オトガイ神経を傷つけてしまうと神経麻痺になってしまいます。オトガイ周辺は非常に大事な部分なので、少しでも傷つくと機能しなくなります。長期間、しびれや麻痺に苦しまなければなりません。

完全に完治しないこともあり後悔だけでは済みません。麻痺は唇にまで影響を及ぼすので、話す、食べるなど簡単な動きもやりにくくなります。エラ張りは、筋肉の発達により起こる場合があり、注射で良くすることもできます。カウンセリングで話を聞いてみましょう。

エラ削りサービスでエラ削りを行う際に発生するリスクは、オトガイ神経に障害が出る可能性がある、という点です。歯の下の辺りにある穴から出てくる神経で、基本的にこの箇所に負担がかかるような事はありませんが、エラ削りを行うとなると、顎に負担をかける事になる為、この神経にも負担がかかってしまう可能性があります。

負担がかかり過ぎると唇が痺れる等の何らかの影響が出る場合が多いですが、直接傷を付けたりしている訳では無く、負担を少しだけかけているだけなので、エラ張り解消手術後に安静にして過ごしていれば、一定の期間で治ります。

逆に言うと、術後に何らかの悪影響が出るような行動をとると他のトラブルに繋がる可能性も高いので、安静にしているようにしましょう。他にも手術後は腫れるせいで口が開け辛くなる場合もあります。

この腫れも時間が経てば治る物なので、あまり口に負担をかけないようにして、早めに治る様にしましょう。

口コミで選ぶ!東京や大阪や名古屋でエラ削りの評判が良い美容外科とクリニックを紹介しております

小顔になることを希望して、輪郭を小さくするとき有効な手段のひとつにエラ削りがあって、下顎骨の角が肥大してでっぱりが目立っているときに、ごつごつした感じをソフトなラインに仕上げることができます。優れた医師に担当してもらうことが重要になります。

口内からアプローチして行う方法では、奥歯の下と歯茎部分を切開して、出っ張っている下顎角を削ります。余分な肉があるときにはそれも取り除いた方が仕上がりがきれいになります。皮下脂肪量も考え、計算された量を取り除く必要があって、解剖学に詳しい医師が行う必要があります。

口内からアプローチを行うと切開する範囲も削る範囲も狭まるので、広く削り取ることが必要な場合には、外側からあごの下を切開して行うこともあります。術後傷跡が少し残りますが、時間の経過とともに目立たなくなっていきます。

評判が良いクリニックでエラ削りを行えば、失敗を避けて希望する輪郭を手に入れることも可能になります。仕上がりを良くするためには術後に3日程度、圧迫固定が必要となります。入院する必要は基本的にない手術ですが、体の状態や希望に合わせて1日入院してから退院することもできます。

知覚障害が起きたり、血腫による合併症が出てしまう人もいるので、アフターケアも十分に行ってくれるクリニックでエラ削りを受けることができれば安心できます。こちらの相談所では、東京・大阪・名古屋など主要都市すべての輪郭形成の名医をご紹介をしております。

ご希望方はお気軽にお問い合わせください。

咬筋萎縮(TCR)、おすすめの美容外科を紹介しております

エラの部分が張っていて顔のサイズが大きく感じている場合、美容外科で行われている咬筋萎縮(TCR)を受けることですっきりとしたフェイスラインに改善が望める場合があります。

エラの部分が筋肉の発達によって張っているときに有効な方法であるため、骨の出っ張りが原因の人が行っても効果が期待できないため、医師に効果が得られるか診断を受けてから術式の選択が必要になります。口内からアプローチを行い、ラジオ波を出すことができる金属の細長い棒を挿入して、張り出している咬筋を焼くことで破壊し、筋肉を縮小させます。

丁寧で慎重な施術が行われることが大切で、希望するデザインに近づけることができるかは、医師の技術によって違いがあります。施術になれている医師が行うことで、フェイスラインが整うように、咬筋にアプローチすることができます。

筋肉は委縮しても頻繁に使われればまた発達してくるので、医師の施術の仕方によっては数か月でまたも度に戻ってしまうことがあります。

何度も行うとエラの部分だけでなく、口内にも影響が残り、違和感が出てしまうこともあるため、適切な対処ができる医師のもとで受けるべきです。

エラ削りの上手い病院の紹介は名医相談所にご相談ください

エラは顔の中でも特に大事な場所の一つです。顔は様々な細かいパーツで全体の雰囲気が決まっていますが、このエラ一つの形次第で全体の見た目にかなり差が出ます。

人によってはエラの形に不満を抱いている方も居ますが、自分の顔を自由に変える事は出来ないので、悩んでいる方が居るのも仕方が無い点です。

輪郭は、その人の印象を決める大切な箇所です。

エラ削りに適したクリニックを選ぶには、模型を使用しているところがおすすめです。模型で細かなところも確認できるので、手術での失敗を減らすことができるのです。

経験や知識も大切ですが、一人一人の違った輪郭に合わせた適切な処置が必要です。

できればカウンセリング時にも模型を使用してくれるところがいいですね。美容整形の悩みは、名医相談所へご相談ください。後悔しない整形をサポートいたします。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*