輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラ削りのデメリットと上手な病院のご紹介

人間の顔はパーツ一つ違うだけで雰囲気が変わります。特にエラの部分は全体の顔の雰囲気を大きく変えるので、エラの形で悩んでいる方も少なく無いです。自由に形を変えられる事が出来れば悩みも解決出来ますが、人間の体はそう簡単に個人で形を変えられる物でも無いです。しかし、最近ではエラ削りサービスを利用する事で形を変えられるようになってきているので、お金が用意出来ればクリニックで相談して、エラ削りをして貰って理想の形にする事も出来るようになっています。医師の方は自分の希望するようなエラの形を聞いてくるので、その際にイメージをちゃんと伝える事が出来れば、イメージ通りに削って貰う事が可能です。形そのものを削って変えるので、サービス利用後に形が少しずつ戻っていくという事は無く、ずっとその形を維持する事が出来ます。エラ削りサービスはとても便利ですが、デメリットもあるのでその点には注意をしておくようにしましょう。

エラ削りのデメリット

デメリットについて

エラ削りサービスのデメリットは、弛みが発生する事があるという点があります。エラを削ると今まで横に広がっていた骨を削る事になるので、その分皮膚の広がりに余裕が出来てしまい、これが緩みとなってしまいます。人によっては弛みが出ない場合もありますが、絶対に出ないという訳では無いので、気を付けましょう。他にもエラ削りをするとなると傷を付けるような物なので、腫れてしまうという点もあります。顔が腫れている間は顔の雰囲気も変わるので、見た目を気にする方にとっては困った点です。何時までも腫れているという訳では無く、安静にしていれば一定の期間でちゃんと治る物なので、腫れが大きくなったり治りが遅くならないように負担をかけないようにして生活をするようにしましょう。見た目の事が気になる場合は、外出をする機会が少ないタイミングでサービスを利用する、等の工夫をする事で悩みを解決出来るので、こういった点にも気をつけるようにしましょう。

大阪で咬筋萎縮(TCR)、おすすめの美容外科を紹介!

エラの部分が張っていて顔のサイズが大きく感じている場合、美容外科で行われている咬筋萎縮(TCR)を受けることですっきりとしたフェイスラインに改善が望める場合があります。

エラの部分が筋肉の発達によって張っているときに有効な方法であるため、骨の出っ張りが原因の人が行っても効果が期待できないため、医師に効果が得られるか診断を受けてから術式の選択が必要になります。口内からアプローチを行い、ラジオ波を出すことができる金属の細長い棒を挿入して、張り出している咬筋を焼くことで破壊し、筋肉を縮小させます。

丁寧で慎重な施術が行われることが大切で、希望するデザインに近づけることができるかは、医師の技術によって違いがあります。施術になれている医師が行うことで、フェイスラインが整うように、咬筋にアプローチすることができます。

筋肉は委縮しても頻繁に使われればまた発達してくるので、医師の施術の仕方によっては数か月でまたも度に戻ってしまうことがあります。何度も行うとエラの部分だけでなく、口内にも影響が残り、違和感が出てしまうこともあるため、適切な対処ができる医師のもとで受けるべきです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*