輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラ削りのダウンタイム中のアフターケアで注意する事を口コミ22名から集計

エラ削りは、エラが張っており顔が大きく見えてしまったり、左右差がある方に人気の施術となっています。

エラ削りの施術は骨を削ったり、筋肉を切除するため、どうしても内出血がでてしまう恐れがあります。

内出血がでてしまった場合は大体のダウンタイムは10日間ほどで徐々に自然になってきます。

色味も薄くなってきますが、ダウンタイム期間中は無理をせずに激しい運動や飲酒はできるだけ控えましょう。

また無理をしない仕事であれば翌日から復帰することもできますが、やはり当分は腫れや内出血などの不自然さが目立つので、人の目が気になる方は念のため休みを取っておくと安心して施術を受けることができるでしょう。

またマスクなどを着用して良い場合は、カモフラージュとして上手に使用すると良いかもしれません。

施術をして削ったり切除したりする以上、ダウンタイム期間は必ずあり、自然な感じになるまでに多少時間がかかることを理解しておくことが求められます。

エラ削りのダウンタイム

料金相場について

エラ削りを行なう場合は、料金相場は80万円から100万円ほどで、別途全身麻酔の料金が10万円ほどかかります。手術を受けると、エラの骨が張っている状態を治すことができます。

手術方法は口腔内から下の奥歯の歯茎近くを2センチから3センチほど切開して、出っ張った骨を湾曲に削っていきます。

口腔内から手術を行なうため、傷が目立たないのが特徴です。顔の表面から手術をするところは傷が残り易い傾向にあります。内出血や出血も起こり易くなりますので、注意しましょう。

エラ削りのオペの経験が豊富なドクターを選び、アフターケアをきちんとおこなっているクリニックを選ぶことが大切です。

術後に内出血がでた場合は、腫れがひいた後に暖かいタオルで温めると治りが早まります。

また、口を大きくあけて笑うと痛みが出る場合があるので、なるべく安静にしていましょう。

就寝時には、上半身を高くすることがポイントです。また、むくみの予防として、水分のとりすぎには気をつけましょう。

エラ削りのアフターケア

ダウンタイム・アフターケアの注意点

エラ削りのダウンタイム時は圧迫期間といって肌色の包帯をぐるぐる巻きにして最低7日は過ごす必要があります。

その間は外出を控えます。食事がとりにくい状態になるため、硬いものや辛いもの、熱いもの、などは控えることがポイントです。

術後のアフターケアでは基本的な圧迫をする以外にも、フェイスバンテージで圧迫することが大切です。洗顔は術後3日がたってから可能になりますが、固定をしている場合には、バンテージ、テープ、を濡らさないように気をつけましょう。

シャワーは術後翌日から浴びることができ、浴槽につかるのは1週間をすぎてからにしましょう。洗髪は3日後から可能です。タバコを吸っている方は、一週間は禁煙をする、減煙をすることが望ましいです。お酒も一週間は控えましょう。

運動は術後2週間は控えましょう。海水浴やプールは、抜糸をした後に行ないましょう。

エラ削りの手術の術後は制約が多くありますが、きちんと守ることで美しいフェイスラインになることができます。

腫れと内出血や痛み

エラ削りのダウンタイムは10日間ほどですので、それくらいになるとむくんでいるくらいの腫れにおさまります。

手術をした3日間程度は腫れが大きいため隠す必要がありますが、徐々に馴染んでいきます。

痛みに関しては、多少痛いと感じる場合がほとんどですが、鎮痛薬を使用すれば日常生活に支障はありません。

また手術後は入院をするため、痛みが強いと感じた時には強めの鎮痛薬を使用することもできます。痛いと感じることが続くようであればクリニックに相談することをおすすめしますが、基本的には痛みがひどくて悩むことはありません。

内出血や腫れも1週間あればほとんど目立たなくなり、1ヶ月経てば自然な状態になるようです。しかし手術を受けるのにはメリットもあればデメリットがあることも忘れてはいけません。

またダウンタイムなどがあるため、自分自身のスケジュールと合わせることが必要になります。エラ削りを受ける際には自分のニーズと合わせて病院や医師を決めるようにしましょう。

上手な医師・クリニックをご紹介しております

小顔効果が絶大で見た目の印象を大きく変える事が出来るエラ削りですが、失敗してしまうと修正手術を受ける必要も出てきます。

修正手術はとても難易度が高いので、身体的・精神的にも大きな負担となるようです。エラ削りの美容整形を受ける際は、できるだけ修正手術を避けるためにも医師選び・クリニック選びを慎重に行う事をおすすめします。

エラ削りが得意な医師かどうかを判断するには、まずエラ削りの症例数をチェックしましょう。施術を多く行っている医師であれば、様々な症例に対しても的確に対応してくれると考えられます。
エラ削りだけでなく輪郭形成の美容整形全般に、精通している医師もおすすめです。

模型から作成して万全な手術を行う医師も、信頼できると言えるでしょう。エラ削りを行う医師の中には、3DCTを使ってまず患者さんの顎の模型を作り、手術のシミュレーションを行う方もいます。事前に模型を使ったシミュレーションを行う事で、手術の失敗を抑える事が可能です。

エラを削る手術の場合、歯科医師免許を持っている医師であれば、歯科的な視点で施術を行ってくれるので、歯の神経を傷つけるなどのリスクが少なくなります。

色々なポイントをチェックして、名医と言われる医師を探しましょう。

まずは当相談所までご相談いただければと思います。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*