輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

出っ歯(上顎分節骨切り)って失敗3つと修正手術について

輪郭骨切り手術で出っ歯を解消する整形

口元は顔の美しさを決める大事なポイントですが、歯並びが悪い、出っ歯であるなど口元で悩んでいる人は少なくありません。

軽度の場合は歯列矯正でかなり引っ込めることもできますが、かなり突出している場合は治療にもかなり時間がかかりますし、思うような改善が得られない場合もあります。

より早く効果を出したい、後戻りを防ぎたいという場合は上顎分節骨切りが効果的です。骨を削って、出っ歯を後退させることができますので、効果が高く、永久的にその効果を維持することができます。

とはいえ、こうした治療はかなり高度な技術を必要としますので、医療機関選びを間違ってしまうとせっかく治療を受けたにかかわらず、思うような仕上がりにならない可能性もあります。

治療がうまくいかない、思ったような仕上がりにならなかったという場合も修正することはできますが、あまりに何度もできるものではありませんし、治療を繰り返すことは体にも負担となり、費用も多くかかることとなります。

出っ歯の修正

歯列矯正で出っ歯を解消する方法よりも上顎分節骨切りは根本的な解決をする

出っ歯が悩みで治す場合は、歯医者で歯列矯正をします。歯列矯正は子供だけではなく大人でもできるのですが、矯正する期間は2〜3年は必要になります。実は美容整形で上顎分節骨切りの手術で、出っ歯を治すことが可能なのです。歯列矯正は数年必要ですが、上顎分節骨切りは手術後には修正されています。

傷跡は口の中を切開するため傷口が外部からは殆ど見えることはありません。上顎分節骨切りは、上の左右第一小臼歯を抜いて、根元の骨も取り除きます。空いたスペースを利用し、前歯を6本後退させてチタンプレートなどで固定し、下あごの歯に噛み合わせます。

上顎骨前方部をあらゆる方向に移動が可能で、骨のトリミングが容易で骨を縫合せしやすく後戻りは殆どありません。

この方法は出っ歯を治したい場合や、口元を引っ込めたい場合、上品な口元にしたい場合などに良い施術です。

上顎分節骨切りは失敗する場合もあるため、技術が高く知識があり、経験が豊富にある医師やクリニックを選ぶことが上顎分節骨切りを成功させる重要なことでもあります。

一條 りおなの様な横顔を作る審美歯科治療とは

一條 りおなは、大阪でもっとも有名なキャバ嬢であるとともに、小悪魔agehaのモデルとしても人気をはくしています。
彼女の魅了は、人形のような大きな瞳で、世の男性を虜にしています。
また、瞳だけではなく、白く整ったはもまた魅力の一つとなっています。

はは、自分で思っている以上に他人から見られている部分です。特に、色やは並びが悪いだけで不潔な印象を与えてしまいますから、清潔な印象にしたければ、歯の整形をすることが必要となります。
はの整形というと、セラミックやインプラント、ラミネートベニアなどいくつかの方法があります。

はの整形や矯正というと、時間がかかるものと思ってしまいますが、短期間できれいなはにすることも可能です。
セラミッククラウンは、自分のはを少し削り、その上からセラミックのはをかぶせることで、きれいなは並びにする治療法です。
一般的なマウスピースやブラケットによる矯正は、通常1年半~2年以上の期間が必要となりますが、セラミック矯正なら、最短20日できれいにすることが可能です。

インプラント矯正は、小さなパーツを用いて矯正治療を効果的に行う治療法で、従来なら抜歯をして矯正治療を行っていた場合でも、抜歯をせずに矯正治療ができ、治療期間を短くすることができます。
一般的なインプラントとは違って、長期間使用するものではなく、小さなパーツを使用します。

ラミネートベニアは、薄いシェルを表面に張りつけることで、色合いや形状を整える治療法で、ホワイトニングではカバーできない色素沈着のあるはなど、短期間で治療することができ、すきっぱなども治療することができます。
ただ、強度の問題から、ラミネートベニアで施術できるのは上の前のはだけというデメリットがあります。

出っ歯の失敗

事前にカウンセリングなどで失敗例を確認

出っ歯(上顎分節骨切り)は、歯列矯正を比べると短時間で出っ歯を治すことができます。一方で技術のある医師やクリニックを選ばずに手術をうけると失敗する可能性もあります。

出っ歯(上顎分節骨切り)の失敗は、抜糸した部分が目立ってしまうことや、噛み合わせて綺麗ではない場合、骨切りをするため、知覚の麻痺などがあります。

上顎のみを考えて手術するのではなく、額、鼻、口元、顎先までの横顔のラインなど顔全体のバランスを考えて上顎分節骨切りの手術をする必要があり、上顎だけを考えて手術すると希望した仕上がりではなない可能性もあり得ます。

上顎分節骨切りの欠点は、抜糸した歯間に隙間が残り気になる場合には歯科治療が必要になり歯列矯正をすること、鼻翼幅が拡大する可能性がある点などです。

手術で一気に出っ歯を治すことが可能な上顎分節骨切りは、長期間かけずに出っ歯の悩みを解決する方法のひとつでもありますが、失敗する可能性もあります。

技術や知識などが豊富なクリニックや医師を選択し、事前にカウンセリングなどで確認してから手術することが良い選択と言えます。

出っ歯(上顎分節骨切り)って失敗したらどうなるの?

出っ歯(上顎分節骨切り)の失敗、効果が無いなんてあるの?

骨切りと移動幅によっては効果が無いことがあります。

出っ歯など上顎が前に突出している場合の改善に有効的な施術ですが、未熟な医師は骨切りする量や後方に移動させる際に、あまりずらさずに固定し、見た目の変化が乏しいことがあります。

出っ歯(上顎分節骨切り)は骨にある程度の負担がかかるため何度も行えるものでは無く、修正が必要になってしまうと多大な負担になりますから、施術になれていてデザインに即した骨切りと移動ができる医師が施術を行われないと、効果が無いまま終わってしまいます。

前歯の移動で口元にたるみが起きる

前歯を骨ごと後ろに移動させることで出っ歯は治りますが、余裕ができた分たるみが出てきます。施術中に不要な粘膜や組織などは、医師が切除して整えてくれることが一般的ですが、配慮ができない施術になれていない医師は気づかずに見逃し、そのまま残されて口元にたるみが残ることがあります。

話をしたり、食事の時に違和感があったり、見た目で不自然さが出てしまうこともあるので、数多くの患者に接してきた医師による施術が望ましくなります。

粘膜剥離や骨切り移動により起きることがある神経麻痺

顔には色んな神経が通っていて、ごく細いものでも切断されたり傷つくと何らかの影響が出てきます。口元や歯槽あたりにも重要な神経はあって、技術が低い医師は口内を切開して抜歯後、粘膜を剥離する際や骨切り後に移動させるときに神経をかばわずに行って傷つけてしまうことがあります。

神経麻痺により発生する症状は、上唇や頬あたりに違和感が残ったり表情を十分に作ることができなくなるなど後遺症としていつまでも残ってしまう危険もあります。

出っ歯(上顎分節骨切り)の再手術は難しいので、初めから名医を選ぼう

出っ歯(上顎分節骨切り)は余計な骨を取り除き、前歯を後退させチタンプレートで固定し、下の歯としっかり噛みあわせていきます。

歯列矯正を選んだ場合は骨を切る必要はありませんが、そのかわり、矯正には長期の期間が必要で、装置も長く装着しなくてはいけません。

その点、出っ歯(上顎分節骨切り)なら一度の施術で悩みの出っ歯を引っ込めることができ、きれいな口元に導いていくことができます。

高い技術が必要な治療ですが、医師選び、クリニック選びを失敗してしまうと左右差ができる、思ったように引っ込まない、たるみができる、口が大きく開けられない、麻痺が残るなどの問題も出てしまう可能性があります。

治療は修正は可能ですが、骨を切る治療は頻繁に行えるものではありません。

一度の施術で良い結果を出すためにも、高い技術力で対応してくれる医師の在籍するクリニックを選びましょう。

治療前の検査も大切ですので、検査が丁寧に行われているかも確認しておきたいところです。

出っ歯(上顎分節骨切り)を成功させるおすすめな医師

骨切りは骨格を変える難しい手術であるため、技術の優れた医師による施術を受けることはとても重要であり、クリニック選びは慎重に行うべきです。高いリスクが伴う手術は、名医に担当してもらうことで危険を回避できる可能性が高まります。

出っ歯(上顎分節骨切り)により、口元を自然な美しさに変えたいときには、当相談所で名医やおすすめの美容外科のご紹介をしておりますので、遠慮せずにお気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*