輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

出っ歯(上顎分節骨切り)の名医を経験談5例から考察・上手い病院のご紹介はこちら

顎にコンプレックスを持っている人も多く見られますが、出っ歯で悩んでいる人も、日本人には多い傾向です。昔、欧米人が日本人を描く時には、ずいぶんと出っ歯を誇張して描いていたものです。歯並びのせいもありますが、実際にそういった骨格を持つ人も少なくないのが現実です。上顎分節骨切りの手術によって、そういったシルエットは改善されます。上顎の左右第1小臼歯を抜いて根元の骨も同時に除去し、スペースを空けます。

そこに前歯の6本を後退させてチタンのプレートで固定させ、下顎の歯とのかみ合わせを整えます。矯正では顔の印象を変えるまでに何年もかかりますが、一回の手術で改善されるという、大変メリットの大きなものです。施術部位が小さいので簡単な手術に感じますが、実際は外科的な要素を含む高度な技を要する手術です。名医といわれる医師の施術を受けることが、成功の第一条件になります。病院選びは妥協せず、慎重に行わねばなりません。

ジェシカ (元少女時代)みたいな横顔に審美歯科治療で整形する方法

ジェシカ (元少女時代)はすらっとしたスタイルが印象的ですが、きれいな顔に、美しい口元があることで、より美人な印象を強めています。元々、歯並びが良くなく、治療を受けることできれいな口元にしたという話ですが、一般の人でもジェシカ (元少女時代)のような口元にすることは可能です。

まず、ガタガタしていると、矯正しなければいけないという思い込みがあります。矯正は長期間治療にかかり、費用も手間もかかってしまいます。そこで、セラミックを被せることで、より短期間にきれいな口元にすることができます。セラミックは、透明感があり、自然な白さを持つ素材です。強度にも問題がないので、食事に困ることもありません。

本物と比較しても見分けがつかないほどで、部分的な治療も自然に治すことができます。色や形もある程度は治すことができます。
表面にラミネートベニアといって、つけ爪のようなものを貼り付ける治療もあります。生まれつき色が黄ばんでいたり、茶色い人でも最短2回の治療できれいにすることができる治療です。ラミネートベニアに使われる素材もセラミックですが、表面を薄く一層削って、そこに貼り付けるという治療で、高度な技術が求められます。

また、歯を失ってしまった場合は、入れ歯ではなくインプラントにすることで、自然な見た目にすることができます。インプラントは、失ってしまった部分の骨にチタンを埋め込み、その上にセラミックを装着する治療です。

チタンと骨は結合するので自然な噛み心地が得られます。見た目も美しく、本物のように過ごすことが出来ると患者さんからも好評です。すべてのクリニックで行われている治療ではありませんが、見た目と機能性を両立できる方法なので一度考えてみましょう。

出っ歯(上顎分節骨切り)の名医

失敗を回避するにはカウンセリングをしっかりと

出っ歯(上顎分節骨切り)によってスピーディに理想の輪郭を手に入れることができますが、失敗がないわけではありません。見た目のバランスが悪かったり、噛み合わせが辛かったり、思ったような効果が得られなかったりなどが、よくあるトラブルです。ただしこういった失敗の場合には、再手術や修正手術を行うことで改善されるケースも多く、致命的な失敗とはいえません。カウンセリングの段階で、そういった場合にはどうするのをしっかりと聞いておきましょう。対応が不安であれば、決断を避けるのが賢明です。

しかし知覚の麻痺等の失敗については、回復する人もいれば、回復しない人もいます。これは致命的な失敗になりえるものです。出っ歯(上顎分節骨切り)の手術は脳に近く、神経を痛めてしまうリスクを大いに伴う手術です。名医といわれる医師は技術力や経験も豊かなことに加え、カウンセリング力に長けていますカウンセリングの中で患者の個体差も汲みとてゆきますので、リスクを大幅に回避します。名医といわれる医の行うカウンセリングが懇切丁寧で安心感があったといわれる傾向にあるのは、そのためです。

出っ歯 名医

口コミ人気の高い出っ歯(上顎分節骨切り)が受けられる美容外科のご紹介

歯が前に出て、口を閉じにくいことに悩んでいる人の解決方法の一つとして受けることができる施術に、出っ歯(上顎分節骨切り)があります。骨切りは高い技術が必要な作業であるため、上手な医師を選ぶと安心です。

歯だけが出ているのであれば矯正で改善が期待できますが、上顎の骨ごと出ている場合に骨切りは有効性があり、上の左右の4番である、第1小臼歯を抜歯し根元の骨も取り除き、開いた部分後方に前歯を骨ごと移動させます。口内からアプローチすることになり、傷跡は目立つ心配がありません。移動させた骨はチタンプレートで固定し、さらに歯も左右それぞれの犬歯と第二小臼歯をワイヤーで結び、安定したころにワイヤーを外します。

顔のバランスを考えて骨切りが行われますが、移動できる範囲は限られているため十分なシミュレーションが必要で、場合によってはかみ合わせの調整のため、歯科的治療も必要になります。

出っ歯(上顎分節骨切り)の費用は、安いところで920,000円ぐらいから行われています。経験が不足している医師は、横から見たときの鼻先から口と顎先を結ぶラインを意識しないで、正面から見た状態でバランスが取れているデザインをしてしまうことがあるので、あらゆる角度からバランスを取ってくれる医師にお願いする必要があります。

骨切りが粗かったり、固定が曲がったりすると上顎が歪んで歯も上下に傾いてしまうような失敗がありますし、唇や歯槽をひどく傷つけてしまい、痛みやしびれが残ってしまうような失敗も考えられます。修正を行うのは大変で、何度も口内の切開を行ってしまうと負担がかかりますし、骨の強度にも影響が出てくるため、はじめからきれいに形成できる医師に担当してもらうとリスクが減ります。

評判が良い出っ歯(上顎分節骨切り)を実施しているクリニックであれば、術式になれていて安心して手術を任せられ、仕上がりにも期待できます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*