輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顎水平骨切りを受けるのはデメリット3つを知ってから

顎水平骨切り(中抜き)術は面長さんやしゃくれさん、引っ込んだ顎の方、そして綺麗なEラインを目指す方に人気の美容整形です。

方法は全身麻酔をかけ、口の中を切開し剥離した上で顎の骨を真横(水平)に切断し途中の部分を切除。

そして短縮した骨を再び顔の骨に固定する事で前後への移動も可能ですので長さ短縮だけではなく、しゃくれ、引っ込みも治すことが出来ます。

また、所要時間が1時間半~2時間という大きな手術で費用が高額(100万円~150万円)ですがその分長く効果を感じる事が出来ます。

ただし、慣れない医師による手術の場合神経を傷つけてしまい後遺症が残ったり、縫合の際に引き上げて縫合せずたるみが出てしまう事もあります。

また、骨を切ったり削る事で骨が弱くなったり、他にも修正手術や元に戻す事が困難といったデメリットもあり、手術を受ける際は実績のあるクリニックを見つけ無料相談やカウンセリングをしっかりと受ける事をお勧めします。

顎水平骨切りのデメリット

顎のコンプレックスを解消

顎に対するコンプレックスは多くの人が抱えている悩みです。

特に長い顎やしゃくれ、引っ込んだ顎、エラに対する悩みは男女問わず見られ、美容クリニックでは顎削り術や顎水平骨切り術などの手術が人気です。

特に顎水平骨切り術は顎を短くするだけではなく、しゃくれている方は後退させ、引っ込んでいる方は前進させることも出来、同時にエラの修正も行えるため注目されています。

ただし、水平骨切り術はプチ整形や切らない整形と違い骨を切って固定するという大掛かりな手術になるため術中は全身麻酔をかけ、所要時間も1時間半~3時間と長く、骨を切り再び固定させるため骨自体が弱くなることや、慣れない医師ですと神経を傷つけてしまい後遺症が残ったり縫合の際にたるみが出てしまう事もあるので実績のあるクリニックを選ぶ必要があります。

そして、ダウンタイムが1週間~3週間と比較的長く場合によっては術後の入院が必要となるなどのデメリットもありますので余裕のある状態で手術を受けたいものです。

「デメリットについて質問」たるみを引き起こしてしまう顎 水平骨切りって何がいいの?

顎の骨切り手術は、神経が麻痺してしまうというデメリットもあります。

オトガイ神経を損傷してしまった場合には、知覚障害や皮膚が伸びきってしまったころによるたるみ、輪郭が曲がってしまうなどのリスクも生じてしまいます。

こういったトラブルは、知識や経験が未熟な医師が行った場合起こる技術的な問題がほとんどですから、失敗のリスクを抑えるためには、経験豊富な医師やクリニックを選ぶことが大切です。

顎 水平骨切りが効果がないというデメリット

顎 水平骨切りは、長い顎や顎を引っ込めたいというような人におすすめの美容整形手術で、顎の骨を水平に二カ所切り取り、短くすることで輪郭を変えることができます。

水平骨切りの場合には、切った先端の骨片を用いて、上部に固定する段階で微調整が可能になります。
ただ、デメリットとして、効果が無い場合もあり、ダウンタイムも長期化したり、合併症などの確率があがるなど、リスクも生じてしまいます。

施術によってたるみが生じるデメリットとは

顎 水平骨切りの手術は、コンプレックスだった長い顎を短くすることができるというメリットがありますが、メリットだけではなくデメリットもあります。

顎を短くしすぎてしまった場合には、顎下にたるみがでる場合があり、筋肉を骨につり上げるような処置が必要となってしまいます。

通常、顎の腫れは2週間程度で治まりますが、骨の周りの硬さが完全にほぐれるまでには、2ヶ月程度かかるということも知っておく必要があります。

リスクを軽減するためには名医を選ぶことが大事

顎の骨切り手術を行うことで、顔の印象を大きく改善することができることから、顎の長さやしゃくれなどで悩んでいる人から人気を得ています。

ただ、技術的に未熟な医師を選んでしまった場合には、オトガイ神経が損傷してしまったり、効果が得られないなどさまざまなリスクが生じてしまう可能性がありますから、頭蓋学外科専門の外科医を選ぶことが大事です。

当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*