輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あごプロテーゼに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

あごプロテーゼによるあご形成とは、プロテーゼと呼ばれる軟骨に近いシリコン性の素材を用いて、美しいフェイスラインを作り出す施術です。

あごの高さやラインを少し変えるだけで、がらっと顔の印象を変えることができます。

シリコンプロテーゼは、心臓の人工弁や関節などの素材としても使用されているもので、安全性や耐振動性が高く、変形もほとんどないため、安心して使用できる素材です。

あごプロテーゼは、一人一人のあごの形状に併せてサイズや形を決める必要があるため、事前のカウンセリングやシミュレーションが大切です。

もし経験の浅い医師の場合、サイズ選びに失敗し、希望のあごのラインを出すことができないこともあるので、事前のカウンセリングが大切です。

美人顔の基準は、Eラインと呼ばれる鼻とあごを結ぶラインが重要となってきます。

このEライン上に唇が位置していることが理想とされているので、後退したあごをプロテーゼによって高さを出すことで、横顔もバランスがよくなり、美人顔となります。

あごプロテーゼに失敗したらどうなっちゃうの?

上手な医師・クリニックの特徴

あごプロテーゼの挿入により、輪郭の修正を行っていくには、整形分野の名医を探していくことが大切になっていきます。

一度の施術で半永久的に維持できるあごプロテーゼですが、間違った施術を行うと、年数が経過すると、変形が生じていき、再手術を行うことも必要になっていきます。

輪郭や顎の形成は、経験豊富な医師の施術を受けていった方が良い、デリケートな部位になっていきます。

顎の形が良くなっていくことで、顔立ちも良くなっていき、自分に自信を持てるようになってもいきます。

施術後に違和感を感じることが無い施術を行うことが出来る技術があることは勿論のこと、実際に入れていくインプラントを見せてくれるような信頼出来る医師を見つけていくことが大切になっていきます。

あごの形成に失敗してしまうと、輪郭だけではなく、日々の食事にも不都合が生じてもいくようになります。

丁寧なカウンセリングを施してくれ、安全な施術を受けていけるクリニックを探していき、綺麗な輪郭へと変えていくように実践していきましょう。

施術後に違和感が生じることが無ければ、半永久的に綺麗な輪郭を得ていけるようになっていきます。あごプロテーゼで綺麗な輪郭へ修正していきましょう。

美しくなるにはフェイスラインが重要・失敗例も

美容整形といえば、目を大きくしたり、鼻を高くする人が多く、あごはそれほど気にする人はいません。ただ美しいフェイスラインにとって、あごは大変重要な部位で、特に横顔になった時に、違いが出てきます。

あごが後退している人や唇が出ている人の場合、 非知性的な印象を与えてしまいます。そういった場合に、あごプロテーゼを挿入し、あごを少し前に出すことで、顔の輪郭が整い美しい横顔とフェイスラインを手に入れることができます。

あごプロテーゼは、骨格や希望するフェイスラインに併せてオーダーメイドで形を作っていきます。ただこのプロテーゼの大きさがあっていないと、思ったような高さが出なかったり、プロテーゼの輪郭が浮き出てしまうなど、失敗する可能性も出てきます。

もしプロテーゼが浮き出てしまった場合には、入れ替えの手術が必要になってくるので、事前のカウンセリングでしっかりと医師と相談することが大切です。

また下あごを動かすオトガイ筋は、生活する上でよく使う部位なので、きちんとプロテーゼを挿入しないと、ズレる可能性もあるので、適切な位置に挿入することが重要です。

あごプロテーゼの失敗

あごプロテーゼに失敗。骨吸収してしまったのは何故?

あごプロテーゼの手術では、口の中からプロテーゼを挿入して、あごのラインを整える手術です。

この手術にはリスクもたくさんあり、その中でも骨吸収のリスクは理解しておく必要があります。

プロテーゼを挿入することで、長い年月をかけて骨がプロテーゼを吸収することで変形が起こる問題です。
これはサイズが合わないことが最も大きな原因となるので、自分のサイズに合ったプロテーゼを挿入することが回避方法です。

プロテーゼが浮く・不自然に輪郭が出る

あごプロテーゼの挿入には、プロテーゼが浮く・不自然に輪郭が出るというトラブルも想定できます。
これは、もとのあごの形に対して合わないサイズのプロテーゼの挿入を行ったり、挿入箇所が合っていないことが原因です。

他にも加齢とともに脂肪が落ちてしまったり、皮膚が薄くなることで骨やプロテーゼが目立ってしまうというリスクもあります。
プロテーゼが大きすぎると、不自然になるだけでなく体の負担も大きくなります。

プロテーゼがずれるリスク

プロテーゼの挿入にはプロテーゼがずれるというリスクもあります。
これは、挿入後にまだ固定が完全にされていないときに、強い衝撃を与えてしまったり、筋肉の収縮でずれてしまうという可能性もあります。

これは医師の技術力が低いことで起こることが多く、理想的な仕上がりを求めるのであれば、技術力の高い医師を選ぶことがとても大切です。
あごは顔の印象を変える大切な部位なので、失敗しないような工夫も必要です。

名医による手術でトラブル回避

あごプロテーゼの挿入だけでなく、美容整形手術にはリスクがつきものです。
一度失敗してしまうと、修正手術で改善を求めていきますが、元の状態に戻すことはできないので、さらに悪化してしまう恐れもあります。

最初から失敗しないように、名医を選んで手術を行うことが、トラブル回避の近道です。
最近では、インターネットで名医検索も可能です。
技術力が高く、知識も豊富な医師であれば安心して任せることができます。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

あごプロテーゼの挿入により、フェイスラインの修正が出来るメリットは理解できても、実際に施術を受けていくにあたって、どこのクリニックを探していけば良いかイメージが掴めない場合も多いはずです。

体験談を調べれば、おすすめのクリニックというクチコミを多く見かけますが、やらせなのかどうかを見極めなければなりません。

また、その人の顎の形状により、施術後の仕上がりは変わっていく場合も多いのも実情なのも事実です。

あごプロテーゼのようなデリケートな施術の場合には、様々な角度から治療方法を分析し、多くの方の体験談をもとに、自分にあっている施術を行うことが出来るかの判断を行っていくことが大切です。

あごプロテーゼに興味があり、自分のフェイスラインを修正していくことを考えているのでしたら、こちらの相談所まで問い合わせを頂ければ、その方にあった施術を行える名医を紹介していきます。

あごの形状だけではなく、施術の料金面も含め、最適な施術を行っていけるクリニックを紹介し、確実に綺麗なフェイスラインを手に入れていくことが出来ます。

再手術が必要なく、形状が崩れていくことが無いように、安心して任せていくことが出来る名医を見つけ、間違いの無いあごプロテーゼの施術を行っていけるようになっていきます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*