輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あごプロテーゼの名医選びの重要2項目をチェック

あごプロテーゼの名医探しでは、頭蓋骨分野、形成分野の専門の医師であるかどうかがポイントになります。
学会研究を行っている医師であれば、安全性が高いです。

あごプロテーゼ挿入の歳には、高くもの、大きいものには注意することを意識している医師を選びましょう。いくら利用のデザインに近づけたいからといって、自分のあご骨にあっていないものを入れてしまうのは危険です。

そうならないためには、オーダーメイドのプロテーゼを作成してくれるところを選んだほうが良いです。

手術自体は口の中から行うので、傷跡が目立ってしまう心配はありません。麻酔をかけるので、手術中の痛みの心配もありません。

ただ、見た目や痛みの問題よりも、あごプロテーゼは手術後のほうがトラブルが起こりやすいです。

できれば、他にもあご形成、下顎枝矢状分割術(SSRO)などの高難度の手術ができる医師がいる病院がいると、万が一何かあったときに修正してもらいやすいでしょう。

あごプロテーゼの名医

どんな人におすすめ?

あごプロテーゼは、あごが奥に引っ込んでしまっている人にオススメです。
手術を簡単に説明すると、あごを切開してプロテーゼを挿入して輪郭を整えます。

あご骨の上に固定するので、形が気に入らない場合には元に戻す、やり直す、などが比較的簡単です。

とはいえ、合わないあごプロテーゼを何年も入れてしまうと、骨吸収が起こって萎縮してしまう危険性があります。

手術の方法だけみるとシンプルですが、プロテーゼを入れて単にあごを前に出すだけと言っている医師は危険です。名医は、入れた後の皮膚やあごの裏側など後の事まで考えて手術します。

あごプロテーゼの失敗として多いのは、皮膚が下に引き伸ばされて口が閉じにくくなる、口元に違和感が残る、あごの裏側が引き伸ばされて輪郭がぼやけて見える、などです。

安易に値段や通いやすさだけで手術場所を選ばずに、頭蓋骨分野や形成分野の専門医がいるところで受けるようにしましょう。安易な気持ちは捨てましょう。

あごプロテーゼの名医

あごプロテーゼを受けるなら?口コミで評判の良いクリニックはココ

あごプロテーゼでのあごの整形手術をしたいと考えている人にすすめることができる美容外科などのクリニックは、あごに関する多くの手術法を導入していて、骨を削るなどの大掛かりな手術にも対応している環境で治療を行うことが可能であるため、手術中に体に異変が生じた場合にも、安心ができる対応をしてもらうことが可能になっています。

最新のさまざまな医療も導入しているため、体に優しいような治療を受けることができ、あまり体に負担をかけない治療ができます。手術からのダウンタイムが短いような治療をしてくれるため、仕事を休みにくい人なども治療を行え、多くの人が治療をしに行っています。

他の手術などについての比較もできるような環境になっていて、より良い手術を受けることが可能であるため、後悔しない治療ができます。

いろいろな体のケアも同時にすることができ、満足できる治療ができます。

あごプロテーゼによる整形手術の治療にかかる費用は、安いところであれば、20万円前後から行うことが可能になっています。

あごプロテーゼによる整形手術は、引っ込んでいるあごを出したいと考えている人や、シャープなあごに仕上げたいと考えている人、あごが割れてしまっている状態を治療したいと感じている人などにお勧めできるような治療であり、たくさんのコンプレックスの解消をすることができます。

オーダーメードでプロテーゼを作ることが可能なクリニックも増えていて、顔にしっかりとフィットしたもので治療をすることができるため、理想をたくさんかなえてもらうことも可能になっています。

輪郭形成の名医の居る病院では手術実績がかなり多く、失敗しない治療を受けることができます。医師などのデザインするあごの満足度が高く、評判がよくなっているため、多くの人が満足できる治療を受けています。顔のさまざまな治療もすることができるため、人気が高いです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*