輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あごプロテーゼのダウンタイム、気をつけるのは?

キュンと上向きに尖ったあご先は女性の憧れである綺麗な卵型のフェイスラインには欠かせない条件だといえます。生まれつきあごが引っ込んでいたり唇が出っ張っている方は、何もせずにいては卵型の美しいフェイスラインを手に入れることは皆無です。そのようなお悩みを抱える方には医療用のシリコンプロテーゼをあごに挿入して、あごのボリュームをアップさせるあごプロテーゼという施術が最適です。あごプロテーゼはあごを少し前に出すことで、美しい卵型のフェイスラインを実現することのできる施術です。あごの高さを少し出すことでスッキリしたイメージも手に入れることが出来るので小顔効果もあると言われています。あごプロテーゼの施術には一人ひとりのあごの形状や希望に合わせて、プロテーゼを形成していくので仕上がりが非常に自然なのが特徴です。また実際の施術の際は個人差はありますが、ダウンタイムなども少なからずあるので慎重にカウンセリングを受ける必要があります。

あごプロテーゼのダウンタイム

施術の流れ・術後の過ごし方

あごプロテーゼの具体的な施術の流れは、まず切開を行う部分に局所麻酔を施します。口の中の下唇の裏側を少し切開していきます。そこから個々のあごの形状に合わせてカットした医療用のシリコンプロテーゼを挿入していき、切開箇所を縫合していけば施術は完了となります。施術時間は各美容クリニックにもよりますが、一般的には約30分以内で完了するようです。あごプロテーゼの施術自体は局所麻酔が効いた状態で行うため、術中は気になるような痛みはほぼ無いと言われています。術後のダウンタイムには個人差がありますが、患部の腫れについては3日目が最もピークとされその後1週間から2週間で引いていくといいます。
また施術の際に細かい血管が傷つくと、皮膚の下で内出血が起こりますが約2週間前後で自然と消失します。あごプロテーゼの術後は大きなトラブルの心配も無く、口の中の粘膜は傷跡が残りにくく治りも非常に早いといいます。約1ヶ月も経過すれば腫れは完全に引いて、キリッと美しい理想のフェイスラインに近づくことができるようです。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*