輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご切り(前出し)に失敗したら

下あごが出ているコンプレックスを治すのに有効な方法があご切りです。これは口の中から行う外科手術で、歯科矯正で治しきれない歯並びや、期間を短く治療するのに有効な方法です。あご切りと聞いて腰が引けてしまうかもしれませんが、事前の歯科矯正や輸血が必要となった場合の自己血の準備など、きちんとした対応をすればさほど怖いものではありません。

しかし、いくら口の中から切るとはいえ全身麻酔で行う外科手術です。術中の失敗、術後の失敗が稀に起こってしまうのです。
あご切りの方法は、下あごの歯ぐきを切り骨を露出します。それをスライスするように2つに切り、出ている部分をカットしてさらに元に戻してネジ止めで固定します。下あごの骨の中には大きな血管と神経が通っており、これを傷つけないようにスライスします。未熟な医師による施術や予想外に出血が多かった場合など視野を確保できず、切った時にこれらを傷つけて、大出血をおこしたり術後に麻痺が残ってしまうことがあるのです。

あご切り(前出し)に失敗したら

危険性について

さて、あご切り(前出し)の手術で神経や血管を切ってしまった場合、見かけ云々以前に生きるか死ぬかの問題になってしまい、大量輸血になる場合もないわけではありません。非常に狭い部位での手術なので、単に切って戻せば良いという簡単なものではないのです。
そして、麻痺が起きた場合これを再生するのも非常に難しいです。きれいにはなったけど痺れている、という場合もあります。
次にあご切り(前出し)術後の管理の失敗によって重篤な状態になることもあります。切ったあごを固定するために上あごと下あごをワイヤーで結びつけ、口を開かないようにするのですが、当然吐いたものを口の外に自力で出すことができません。胃液が肺に入り肺炎をおこすこともあります。また、切った骨がうまくくっつかず、ぶらぶらになってしまうこともあるのです。その場合、再手術で骨を剥がして、再度固定するのですが、非常に難しいケースとなってしまいます。頻度としては多いわけではありませんが危険性は常にあるのです。

あご切り(前出し)の失敗

あご切り(前出し)での失敗例、「効果が無い」とはどのような状態か

あご切り(前出し)とは、口の中を切開して、あごの骨を前に出した状態で固定して、あごのラインをきれいに形成する美容整形手術です。
この手術は他の手術と併用して行うことが多い手術です。
固定がしっかりと行われなかったり、前への出し方が甘かった場合には、手術後の効果が無いと感じるケースがあります。
このような場合には、再度同じ手術を行い、より変化を大きくしていくか、他の手術に切り替える必要があります。

手術後にたるみが出てしまう

あご切り(前出し)の手術後に、肌にたるみが出てしまうという場合があります。
これは、あごの切り出しを過度に行ってしまった場合に多くみられます。
極端にあごのラインを変形させてしまった場合に、あごのラインに対して皮膚が過剰に余ってしまうことがたるみの原因です。
手術後の状態が気になる場合には、余分な皮膚の切除などを行って、バランスを整えていくことがおすすめです。
この際に傷跡が残るリスクが伴います。

オトガイ神経の麻痺とは

手術後のリスクとして大きいものが、オトガイ神経の麻痺です。
オトガイ神経とは、あごにある神経の一つで、この神経に障害が起こると下唇の麻痺や、下あごの麻痺が起きます。
多くの場合が、1年程度で自然に症状が改善されていきますが、大きく傷ついてしまった場合には症状が改善されないというリスクもあります。
神経を傷つけてしまわないように、細心の注意を払うことができる、技術力の高い医師に手術してもらうほうが良いでしょう。

名医による手術がおすすめ

あご切り(前出し)だけでなく、美容整形手術にはリスクが伴います。
特に顔の美容整形手術の場合、傷跡が残ったり、希望していた通りの仕上がりにならなかったりというトラブルは多くあります。
このようなトラブルにならないためにも、名医に手術を依頼することがおすすめです。
手術の費用は若干高くなる傾向ではありますが、失敗のリスクが軽減されるだけでなく、仕上がりが美しいというメリットがあります。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*