輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

【7人から集計済】あご切り(前出し)の効果・メリットとおすすめの病院紹介

下あごが前に出ていてしゃくれている。人から個性と思えることが、本人にとってはとてつもないコンプレックスになっていることがあります。それを外科的に切って治してしまう方法があります。ではあご切りにはどんな効果があるのでしょうか?

一番のメリットは、見かけが劇的に変化することです。あごが出てがっちりした顔が、ほっそりした顔立ちになり唇も自然に閉じた美しい口元になります。さらに、下あごが出ている人は噛み合わせもうまく合っていないことも多いので、あご切りによってきちんとした噛み合わせに近づけることができます。特に女性の場合、別人のように美しくなることが多いです。

しかし、外科手術ですのでもちろん危険を伴います。歯科矯正であごのアンバランスがあり、あご切りをしないと歯並びがきれいにならないと判断された場合も外科手術の対象になります。歯科矯正だけで治す場合よりも期間が短くてすむというメリットもあり、この方法を選ぶ方も増えてきています。

あご切り(前出し)の効果

具体的なあご切り(前出し)の輪郭骨切り手術の内容と効果・メリットまとめ

さて、具体的にはどのようにあご切り(前出し)の手術を行うのでしょう?
手術の前に、お口の中の型をとり、上あごと下あごの歯の並び方をチェックします。そして、あご切り(前出し)をした後の位置関係を模型上でチェックします。効果的に手術を行うために、何ミリあごを切るかもチェックします。
必要に応じて手術前に歯列矯正を行う場合もあります。

そして、手術は全身麻酔で行います。口の中から歯ぐきを切り、下あごを垂直に切って位置を動かします。切った骨はネジ止めをして動かないようにします。位置がズレないように上の歯と下の歯を固定してしまうことが多いです。口が開かなくなりますので数日間は鼻から流動食になります。

顔はしばらく腫れますが、2週間ほどで固定が取れ、腫れが引いてきます。たいへんですがせっかく受けた手術が無駄にならないよう我慢です。良いダイエットになった、という方も多いです。
コンプレックス解消には非常に有効な方法です。

あご切り(前出し)のメリット

しゃくれ顎を解消できる

顔の美しさを決めるときに、とかく目鼻立ちにばかり意識が向いてしまいますが、実は美しい顔というのは鼻から顎にかけての骨格が大きく影響を与えています。特に下あごが大きくしゃくれたようになっている人の場合悩みはかなり深刻です。

いわゆる受け口と呼ばれる上下の歯の噛みあわせが逆になっている場合、まずは歯列矯正によって歯の噛みあわせを正常な状態に戻す治療を行うのが一般的ですが、下顎の歯の一部を抜歯し、その部分のあごの骨をあご切りの外科手術によって取り除くことで下顎を後退させると言う手術方法によって悩みを解消することもできます。このあご切り手術方法のメリットは結果が短期間で得られることにあります。

歯列矯正によって徐々に歯を移動させることであごの噛みあわせを修正する方法の場合、治療に非常に時間がかかる上、もともとの顎の形や大きさには変化がないので見た目のコンプレックスを完全に解消するのは困難だと言うのがこの方法のデメリットです。

一条葵みたいな横顔を作る審美歯科治療まとめ

カリスマキャバクラ嬢として知られる一条葵は、小さな顔に整った顔立ちで、見る人の目を奪います。大きな瞳が印象的ですが、笑った時に見える口元のきれいさに驚く人が多いです。日本人には珍しく白くきれいな歯が、きれいに並んでいるためです。

一条葵のような歯になるために、整形が必要なのではないかと思う人も多いでしょう。しかし、顔のような大掛かりな整形は、口に関しては必要ないと言えます。

一般的な治療で治すことによって、自分でも驚くほどの効果を得ることができます。色や形が気に入らなくても、生まれつきのものだからと諦めてしまうことがほとんどです。

そのような場合は、セラミック治療を受けましょう。お口の詰め物や被せ物には、銀や金、プラスチックなどがあります。金属は口の中で目立ってしまうので、抵抗を感じる人が多いです。

白いプラスチックなら目立たないようですが、使っているうちに変色して黄ばんだり、耐久性がないので割れてしまうことがあります。セラミックであれば、強度も問題ありませんし、透明感のある白さなので本物のような質感を出すことができます。

削って詰めたり、被せたりすることに抵抗がある場合は、表面だけを薄く削り、セラミックで作られたチップを貼り付けるラミネートベニアという治療法があります。削る量を抑えることができ、さらに治療回数も少なくていいというメリットがあります。歯がないという人には、インプラント治療があります。

骨にチタン製のネジを埋め込んでセラミックを被せるという方法で、自然な噛み心地と見た目を両立できる治療法です。口元の悩みやコンプレックスで、手で口を隠す癖がついている人が日本人には多いですが、治療を受けることによって多くの場合、解消できます。

美容整形で顎・フェイスラインを整えよう

あごが後退してしまりのないあごのラインになっているのが悩みの人の場合、下顎の骨の一部を切り離しあごの先端部分を前に移動させて段差を削ります。あごの骨を前に出した状態でプレートで固定するという方法であご切り(前出し)手術は完成です。

口の中の下顎の際の部分を切開して手術が行われるため、外に傷が残らずに顎のラインをシャープに整えられるのがあご切り(前出し)手術を受けることのメリットです。

骨を切ると言う大きな手術になるためさまざまなトラブルを起こす可能性が高くなります。

まず細菌感染によって術後に化膿する。手術した部分から首にかけてが内出血する、笑った表情をしたと気にあごが下へ伸びる、あごに違和感を感じるといったものが挙げられます。

さらに手術によって下唇の知覚神経を引っ張るため、術後に麻痺や痺れといった症状が出ることもあります。

けれども、顎の形にコンプレックスを抱える人にとっては確実にフェイスラインを整えることができるのが、最大のメリットです。

名医の・おすすめの病院のご紹介はこちらから

カリスマキャバクラ嬢の一条葵の例を出しましたが、他にも整った顔立ちの芸能人は多くいらっしゃいます。

一般の人も輪郭形成の手術やセラミックやラミネートベニアといった治療をすることできれいにできます。

輪郭や歯の形を綺麗にするにはという事で、当相談所では、おすすめの名医をご紹介しております。

ご相談はお気軽にどうぞ。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*