輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご切り(前出し)にはどんな効果があるの?

下あごが前に出ていてしゃくれている。人から個性と思えることが、本人にとってはとてつもないコンプレックスになっていることがあります。それを外科的に切って治してしまう方法があります。ではあご切りにはどんな効果があるのでしょうか?
一番のメリットは、見かけが劇的に変化することです。あごが出てがっちりした顔が、ほっそりした顔立ちになり唇も自然に閉じた美しい口元になります。さらに、下あごが出ている人は噛み合わせもうまく合っていないことも多いので、あご切りによってきちんとした噛み合わせに近づけることができます。特に女性の場合、別人のように美しくなることが多いです。
しかし、外科手術ですのでもちろん危険を伴います。歯科矯正であごのアンバランスがあり、あご切りをしないと歯並びがきれいにならないと判断された場合も外科手術の対象になります。歯科矯正だけで治す場合よりも期間が短くてすむというメリットもあり、この方法を選ぶ方も増えてきています。

あご切り(前出し)の効果

具体的なあご切り(前出し)の手術の内容

さて、具体的にはどのようにあご切り(前出し)の手術を行うのでしょう?
手術の前に、お口の中の型をとり、上あごと下あごの歯の並び方をチェックします。そして、あご切り(前出し)をした後の位置関係を模型上でチェックします。効果的に手術を行うために、何ミリあごを切るかもチェックします。
必要に応じて手術前に歯列矯正を行う場合もあります。
そして、手術は全身麻酔で行います。口の中から歯ぐきを切り、下あごを垂直に切って位置を動かします。切った骨はネジ止めをして動かないようにします。位置がズレないように上の歯と下の歯を固定してしまうことが多いです。口が開かなくなりますので数日間は鼻から流動食になります。
顔はしばらく腫れますが、2週間ほどで固定が取れ、腫れが引いてきます。たいへんですがせっかく受けた手術が無駄にならないよう我慢です。良いダイエットになった、という方も多いです。
コンプレックス解消には非常に有効な方法です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*