輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

不安は解消しておこう!前頭洞骨切りのダウンタイム

前頭洞骨切りは頭蓋骨の額部分にある眉骨と呼ばれる部位を切開して削る輪郭形成手術です。人間の頭蓋骨の眉間には前頭洞と呼ばれる空洞があり、ここが大きく発達している人は眉毛の辺りが突出して見え、表情が険しく見えてしまったり、男性的な顔立ちに見えてしまうことがあります。この手術では眉骨を削ることでこうした前頭部の突出を改善し、顔立ちを女性らしい滑らかな見た目へと変化させる効果があります。前頭洞骨切りは眉骨セットバックや眉骨削り手術など医療機関によって呼び方は様々ですが、この手法は開発されてからまだ10年程度しか経過しておらず、また手術には高度な技術と専門知識が必要となるため、手術を受けられる医療機関の数もそれほど多くありません。なお、前頭洞骨切りは人間にとって最も重要な部位の一つである頭部を切開する手術であるため、手術に際しては様々なデメリットが起こる可能性があることに加え、術後にはある程度長い期間のダウンタイムを要することを理解しておく必要があります。

前頭洞骨切りのダウンタイム

手術時間について

前頭洞骨切りの手術そのものは医療機関にもよりますが、一般的に約2時間程度で完了し、手術に際しては入院も必要ありません。しかし、この手術で切開する額の部分は多くの神経が通っているため、術後の一定期間は施術部に強い痛みを感じたり、内出血や腫れが起こるといった症状があらわれます。ダウンタイムの間に見られるこうした症状については、基本的には医療機関から処方される痛み止めや抗生物質を服用することで対処しますが、症状がひどい場合には施術部にアイスパックや冷やしたタオルなどを当てることで、症状はある程度緩和することができます。ただし、前頭洞骨切りでは手術の際に神経を傷つけてしまったり、切開した傷から感染症を引き起こすといった失敗のリスクが存在するため、ダウンタイムの経過後に症状が引かなかったり、顔面の麻痺などの異常が感じられる場合には、すぐに手術を受けた医療機関の診察を受ける必要があります。なお、しっかりとした医療機関ではダウンタイムの間の対処法などの指導も受け付けているため、心配がある場合には事前にそうした指導を受けておくのも有効です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*