輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

前額骨切りの失敗で考えられるのは

額が出っ張っていたり、眉間がごつごつしているのに悩んでいる人には、前額骨切り手術が効果的です。
後頭部を後頭環状切開して、頭皮を眉間のあたりまで剥がして額の骨を出し、前頭骨を削ったり、人工骨を移植して美しい丸みのある額を形成していきます。
この前額骨切り手術は、前頭骨全体を見渡しながら手術が行えるので、左右対称に美しい形態を作り出すことが可能です。
生え際を切開して行うことも可能ですが、この場合傷跡が目立ちやすいため、傷跡を目立たなくするため後頭部から切開を行います。そのため手術が大がかりなものとなり、全身麻酔が必要となります。

難しい手術で技術が必要となるので、施術できる医師が限られてしまいます。失敗を回避するためには、事前にレントゲンを使ってしっかりと手術計画をたてることが大事なポイントです。
輪郭専門医の経験がほとんどなかったり、技術がない医師には十分注意し、口コミや評判を見て選ぶことが大切です。

前額骨切りの失敗

メリットだけでなくデメリットやリスクもきちんと説明してもらうことが大切

丸みを帯びた額は、女性らしさを現し、横顔も美しく見えるパーツです。日本人の額は平たく、立体感がないのが特徴です。前額骨切り手術は、丸みを帯びた美しい額を作り出すことができる、美容整形手術です。
手術は、後頭部部分を切開して皮膚を剥がしていきます。眉のあたりまで皮膚を剥がして、額と眉の骨を整えていきます。出っ張った部分は骨を特殊な機器で削って骨切りし、段差や凸凹した部分は埋め、丸みを持たせる部分に骨セメントをのせて形成していきます。
前額骨切り手術を行う前には、頭蓋骨のCTスキャンを撮り、どのように修正していくかという手術計画をたてていきます。希望によっておでこの削り方や注入する素材の場所や量が決定されます。
前額骨切りは、技術が必要な手術なので、失敗を防ぐためにも、輪郭の専門医で経験が豊富な医師を選ぶことが大事です。また施術前には、メリットだけでなくデメリットやリスクもきちんと説明してもらうことが大切です。

前額骨切りの失敗で考えられるのは

前額骨切りでの失敗例の一つ、「たるみ」について

前額骨切りは、たるみが出る可能性がある治療法になっています。骨を切ることによって、皮膚と骨の間に大幅な空間が生じてしまうことが原因で生じてしまう症状になっているため、大幅に骨を切りたいと考えている人の場合は、たるみが出るリスクをしっかりと考えてから検討する必要があります。治療後にたるみのケアをしてくれるなどのさまざまな治療内容についても確認することが大切なので、いろいろな話をしておくとよいです。

感染症が出ることもある

前額骨切りは、感染症になるリスクがある治療内容になっています。体をメスによって切る内容の治療法であり、普段決して入ることがないような部分に細菌が入るリスクがある治療内容になっているため、ある程度の危険性がある治療法になっています。そのため、治療環境が非常に良いところを選び抜いていくことが重要になっていて、いろいろなクリニックの情報を見て、アフターケアもチェックする必要があります。

知覚麻痺が起こることもある

前額骨切りは、知覚麻痺が起こることもあります。神経や血管などの重要な組織の損傷のリスクがある治療内容であり、いろいろなことを考えて治療を進めていくことが大切になっています。医師の経験が重要になっていて、治療を実際に行った人の口コミなどの情報を参考にする必要があります。治療で、何らかの問題が起きた場合に対処をしてもらえる環境を見つけていくことも大切であり、いろいろと見ておくことが大切です。

名医を選んで治療をする

前額骨切りは、輪郭を大きく変えていくことができる治療法になっていて、印象を大きく変えたい人におすすめの治療になっています。印象を大きく変えていくような大掛かりな治療内容になっているため、体が大幅に変わり、リスクがかなりあるような治療内容になっているため、慎重に治療をしてもらう医師を探すことが重要です。治療内容に満足している人が多い名医を選んでいくことが重要になっていて、探していく必要があります。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*