輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

前額骨切りを考え出したら。ダウンタイムを知っておこう

おでこが出っ張っている、眉間が厳ついなどのコンプレックスがある、女性らしい輪郭やフェイスラインが欲しいというと人もいると思います。コンプレックスである額を髪で隠すにも限界があり、前髪が邪魔だということも考えられます。
そんな人におすすめな美容整形が前額骨切りです。
前額骨切りとは、後頭部冠状切開からアプローチをして、骨を削っていく手術になります。
骨を削ることによって出っ張っている額をなだらかにすることができ、野性的な印象を和らげてなだらかで優しい印象の額を形成することができます。
ダウンタイムもありますが、額のでこぼこで男性らしい印象になるのを解消することができます。
行う場合には、頭蓋顎外科といって骨切りや削りを専門とした医師に行ってもらうことが大切です。
手術を行う場合には、ダウンタイムだけではなくメリットだけではなく、デメリットやリスク、後遺症などのことをしっかり理解してから手術を受けることが肝心になります。

前額骨切りのダウンタイム

ダウンタイムの過ごし方

前額骨切りを行う場合、具体的なダウンタイムとしては1ヶ月程度になるとされています。
手術後およそ10〜14日で大きな腫れがは引いてくるとされています。むくみは2〜4週間気になる場合があり、内出血も手術後にまれに起こることもありますが、1〜2週間程度で消失します。
ダウンタイム期間中は痛みがある人もおり、そのような場合にはアイスパックや冷えたタオルで冷やすことによって痛みを和らげることができます。また、アフターケアとして痛み止めの鎮痛剤が処方されます。
前額骨切りは、後頭部側を切開して手術するため基本的に傷は見えにくく、目立ちにくい部分ですが、傷にそって場合によっては脱毛が起こってしまうこともあります。
前額の感覚が鈍くなってしまうこともありますが、多くの場合は一時的な症状で、通常は手術後半年ほどで自然回復します。
デメリットやリスクとして、感染症や神経麻痺、前額の形が思った形と違う、左右差が出てしまうなどがあげられます。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*