輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

前額骨切りのリスク4つとは?

前額骨切りとは、美容施術の一種です。おでこの出っ張りが大きいと、女性らしさが失われやすくなります。

この出っ張りを引っ込めることで、女性らしさを作ることができるのが、この前額骨切りの素晴らしい施術内容になります。

しかし、あまり利用者が多くない美容施術であるため、症例が少なく、詳細な情報を得られにくいというリスクがあります。

また、施術自体も難しい部類に入りますので、失敗のリスクが高くなる傾向にあります。

切開手術を行なった割には、ほとんど効果がないなどの失敗例が存在します。

また、後頭部付近を切開する必要がありますので、その部分の毛が抜けてしまうなどの、トラブルが発生することもあります。

美容施術の大半は、失敗すると修正することができますが、この前額骨切りについては非常に高度な技術を必要としますので、修正が困難であったり、場合によっては断られるリスクがあることを十分に知ってから、病院選びをすることが重要になります。

最も重症的な失敗例で、前額骨切りでは知覚麻痺の後遺症が残ることがあります。

この手術でメスを入れることになる前頭部から頭頂部には、眼窩上神経や滑車上神経といった重要な神経や血管などの組織が集まっているため、経験や技術が不足している医師の施術を受けてしまうと、そうした組織を傷つけてしまう可能性があるのです。

前額骨切りのリスク

前額骨切りのリスクまとめ

前額骨切りに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、前額骨切りのリスクに関する特集ページを作りました。

知覚麻痺になる!?前額骨切りのリスクはなぜ起きる?

前額骨切りのリスクとして致命的なのが顔面神経の麻痺です。永久的に知覚麻痺の後遺症が残ることもあります。

表情筋を壊さず、神経を損傷しないように前額骨切りをする際には注意しなければなりません。

ですが、経験の浅いドクターで尚且つ、レントゲンを撮らないクリニックでは医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまうかもしれません。

そのため、前額骨切りをする際は安全面に配慮しているクリニックを選択して頂く事が大切です。

また近年では、韓国などの輪郭形成における神経ぎりぎりの過激な手術が行われております。

この方法は神経ぎりぎりの手術ですので大失敗する可能性があります。こちらも注意しなければなりません。

感染症を引き起こす可能性もある

前額骨切りだけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。前額骨切りのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

前額骨切りは、後頭部を切開を皮膚をはがすなど、体を切開する手術となりますので、通常であれば体内へ入ることのない細菌が入ってしまう可能性もあり感染症のリスクは避けられません。

そのため、徹底した衛生管理が行われている治療環境で手術を受けることが必要となりますし、もしもの際のアフターケアができるかどうかもクリニック選びでは重要となるのです。

前額骨切りの治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

前額骨切りのリスク 効果が無い

前額骨切りのリスクとして代表的なものに効果が無いケースが有ります。前額骨切りで注意しなければならないのが正面から見た際の変化と横から見た際の変化です。

前額骨切りの効果を最大限に引き出すためには、総括的な判断の基、治療をする必要がありますので、是非全ての手術に対応しているクリニックを選択しましょう。

たるみが出てしまうことも

前額骨切りの代表的な失敗・リスクの一つにたるみが出るということがあります。

これは骨を切ることで皮膚と骨の間に大幅な空間が生じてしまうことが原因ですので、特に大幅に骨を切る場合、そのリスクは高くなるといえます。

このリスクを軽減するためには、術前に骨切開によって生じる空間を予測して、その幅を調整することができる医師に施術をしてもらうこととなります。

輪郭形成をする際には、たるみを出来る限り最小限にできる術式・ドクターを選択しなければなりません。

場合によっては眉骨削りの際に、フェイスリフトを併用して、引き上げを行う事でリフトアップ効果を減らす事が出来ます。

名医を探すことが一番大事

輪郭を大きく変えることができる前額骨切りですが、その手術の性質上、リスクも高いといえます。
ですので、失敗のリスクを軽減するためにも慎重に医師を探すことが必要となります。

もしも、医師選びで迷っているのであれば、前額骨切りの名医をご紹介することができる当相談所に気軽にお問合せください。

以上、前額骨切りりにおける代表的なリスクについてまとめました。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

安易に宣伝が派手なだけの病院を選ばない

病院選びのコツとしては、頭蓋骨外科の専門知識を持つ医師が存在する、病院を選ぶようにします。

前額骨切りでは、頭部の骨の仕組みや形をよく知っておく必要があります。頭蓋骨外科であれば、骨切りや骨削りの技術を持っています。

このような手術を得意とする医師がいれば、リスクの少ない前額骨切りの施術を受けることができます。

症例をたくさん紹介している病院を選ぶことも大切です。前額骨切りができると宣伝していても、本当に手術を行ったことがあるのかを確認するには弱い部分があります。

症例数が多ければ、それだけ実績や経験を積んでいる病院だと判断しやすくなります。安易に宣伝が派手なだけの病院を選ばないようにしましょう。

また、美容施術のよい面だけでなく、リスクや副作用についても細かく公表している病院は、比較的信頼できます。

難しい手術ですので、費用がそれなりにかかりますが、相場よりも安価に提供する病院は技術や設備が不十分である恐れがありますので、避けるようにしたいところです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*