輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスク6つを症例から考察

再構築法/勝間田法は頬骨を削ることで顔の骨格の再構築を行う美容整形手術の一種です。この手術は顔の側面部を切開し、頬骨を細かく削ることにより、輪郭を理想の形へと近づけることができます。

頬骨の再構築を行う手術には現在様々な手術の種類がありますが、それらの中でもこの再構築法/勝間田法は大きな変化を実感できる手法として知られています。

しかし変化が大きい反面、この手法は非常に大掛かりな手術となるため、相応の大きなリスクが存在します。

再構築法/勝間田法の代表的なリスクとしては、手術の失敗によって顔面の神経に麻痺が残るケースが挙げられます。

人間の顔面には非常に多くの神経が通っており、手術では神経に極めて近いゾーンの頬骨を削るため、万が一手術が失敗してそれらの神経を傷つけられてしまうと、表情をうまく作ることができなくなったり、口を開いた際に痺れを感じるようになるなど、様々な後遺症が起こる可能性があります。

再構築法/勝間田法のリスク

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスクまとめ

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)では医療機関側の技術不足により手術の効果が十分に得られない可能性もリスクの一つとして挙げられます。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)は一般に大きな変化が得られるのが特徴手術ですが、これは十分な技術のある医療機関が施術するのが前提であり、未熟な医師が行った場合には十分な小顔効果が得られない可能性があるだけでなく、最悪の場合には顔面の左右のバランスが崩れて見えるようになるなどの可能性もあります。

そのため、再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスクに関する特集ページを作りました。

一つづつまとめをご覧ください。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスク 顔面神経の麻痺

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスクとして致命的なのが顔面神経の麻痺です。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)をする際には注意しなければなりません。

ですが、経験の浅いドクターで尚且つ、レントゲンを撮らないクリニックでは医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまうかもしれません。

そのため、再構築法/勝間田法(頬骨 削り)をする際は安全面に配慮しているクリニックを選択して頂く事が大切です。

また近年では、韓国などの輪郭形成における神経ぎりぎりの過激なエラ削りが行われております。

この方法は神経ぎりぎりの手術ですので大失敗する可能性があります。こちらも注意しなければなりません。

顔の神経に痛みが走るトラブル

技術力の無い医師が、再構築法/勝間田法(頬骨削り)の手術を行った時に、顔面の神経にトラブルが起きてしまったという事例も少なくないです。

神経麻痺によって表情を作りにくくなったり、少しの衝撃でも顔の一部に痛みが起きるようになったりと、神経に関するトラブルの種類は様々あります。

顔面全体の神経を保護しながら、手術を行う技術力が求められます。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスク 感染

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)だけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)の治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスク 効果が無い

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)のリスクとして代表的なものに効果が無いケースが有ります。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)で注意しなければならないのが正面から見た際の変化と横から見た際の変化です。

これにおいて、単純に削りしか出来ないドクターの場合には、横からの変化しか出せずに小顔効果が十分に得られないリスクが有ります。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)の効果を最大限に引き出すためには、エラ骨・咬筋・外板・脂肪など、総括的な判断の基、治療をする必要がありますので、是非全ての手術に対応しているクリニックを選択しましょう。

骨の配置を間違えない事が重要

頬骨を細かくしてから再配置する、再構築法/勝間田法(頬骨削り)の手術を行っても効果が無い時は、骨を配置する位置が間違っている可能性があります。

もし頬骨の配置を間違ったまま骨の状態が安定してしまうと、以前と比べても頬骨が目立ちやすくなってしまう事もあるので注意が必要です。
骨の状態が安定した後の事も考えて、骨を配置する位置を決めてくれる医師を頼ってください。

たるみの原因と症状は?再構築法/勝間田法(頬骨削り)で起こりうるリスク

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)の他のリスクとしては、代表的なものにたるみが有ります。

また過去の症例から判断して、再構築法/勝間田法(頬骨削り)で考えられる頬のたるみは強く出てしまうことが報告されています。

この手術では頬骨を削ることにより骨格の再構築を行いますが、手術で手を加えるのはあくまでも骨だけであるため、そのままでは顔の表面にたるみが生じることになります。

こうした事態を避けるためには、手術と併せてフェイスリフトを施し、顔の表面の組織の引き上げることが必要です。そのため、手術を受ける際にはそうしたフェイスリフトも併せて受けられる医療機関を選ぶようにします。

輪郭形成をする際には、たるみを出来る限り最小限にできる術式・ドクターを選択しなければなりません。

再構築法/勝間田法(頬骨 削り)で言えば、ブーメラン切開のアーチインフラクチャーなどによりたるみのリスクを減らす事が出来るかが手術を成功させるキーポイントになります。

場合によっては再構築法/勝間田法(頬骨 削り)の際に、フェイスリフトを併用して、引き上げを行う事でリフトアップ効果を減らす事が出来ます。

 

名医であれば整った顔立ちを作り出せる

頬骨の配置の位置を正しく考えてくれるだけでなく、顔面の神経を守りながら手術を行うような名医を、当相談所ではご紹介しています。

左右の顔立ちのバランスなども意識しながら、頬骨の位置を調整してもらえますから、鏡の前に立った時にも違いを実感しやすいと期待をしてください。

メスを入れた跡形も残りにくいと喜ばれています。

以上、再構築法/勝間田法(頬骨 削り)における代表的なリスクについてまとめました。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*