輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクとは?

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクまとめ

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクに関する特集ページを作りました。

失敗しないための輪郭の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスク 顔面神経の麻痺

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクとして致命的なのが顔面神経の麻痺です。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)をする際には注意しなければなりません。

ですが、経験の浅いドクターで尚且つ、レントゲンを撮らないクリニックでは医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまうかもしれません。

そのため、上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)をする際は安全面に配慮しているクリニックを選択して頂く事が大切です。

また近年では、韓国などの輪郭形成における神経ぎりぎりの過激なエラ削りが行われております。

この方法は神経ぎりぎりの手術ですので大失敗する可能性があります。こちらも注意しなければなりません。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスク 感染

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)だけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスク 効果が無い

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクとして代表的なものに効果が無いケースが有ります。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)で注意しなければならないのが正面から見た際の変化と横から見た際の変化です。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の効果を最大限に引き出すためには、総括的な判断の基、治療をする必要がありますので、是非全ての手術に対応しているクリニックを選択しましょう。

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスク たるみ

上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)のリスクとして代表的なものにたるみが有ります。

輪郭形成をする際には、たるみを出来る限り最小限にできる術式・ドクターを選択しなければなりません。

場合によっては上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)の際に、フェイスリフトを併用して、引き上げを行う事でリフトアップ効果を減らす事が出来ます。

さいごに・・

以上、上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

失敗しないための輪郭の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*