輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬インプラントのリスク6個のまとめ

頬インプラントは、頬を美しくきれいな形に出来るので、たるみも無くすことが出来て若さを感じられるのが魅力です。

しかし、頬インプラントを実際に受けようと思って検討している方は、リスクを伴うことがあることを知っておく必要があります。

まず、インプラントを挿入することで感染症のリスクがあります。

異物が入ってくることで、完全に衛生面を清潔に保てているかどうかを遵守している医療機関が望ましいでしょう。

また、手術後のアフターケアも万全に行える医療機関がお勧めです。

感染症になると最悪の場合には、頬インプラントを取り除くか再度手術を行う必要が出て来るからです。

美容目的で受けた手術が返ってトラブルを招いてしまうことになれば、それだけ、受けた本人の心身のダメージは計り知れないものがあります。

特に、顔の美容整形に当たるため、トラブルが起こった時のリスクは大きいでしょう。

より細心の注意を徹底して行っている医療機関を選ぶ必要があります。

頬インプラントのリスクまとめ

頬インプラントに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、頬インプラントのリスクに関する特集ページを作りました。

頬インプラントのリスク

顔面神経の麻痺

頬インプラントのリスクとして致命的なのが顔面神経の麻痺です。
表情筋を壊さず、神経を損傷しないように頬インプラントをする際には注意しなければなりません。

ですが、経験の浅いドクターで尚且つ、レントゲンを撮らないクリニックでは医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまうかもしれません。

そのため、頬インプラントをする際は安全面に配慮しているクリニックを選択して頂く事が大切です。

また近年では、韓国などの輪郭形成における神経ぎりぎりの過激な手術が行われております。

この方法は神経ぎりぎりの手術ですので大失敗する可能性があります。こちらも注意しなければなりません。

感染

頬インプラントだけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。頬インプラントのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

頬インプラントの治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

凸凹

頬インプラントのリスクとして代表的なものに凸凹が有ります。勿論、頬インプラントだけではなくヒアルロン酸やレディエッセなどのプチ整形と言えど、注入技術が低いと凸凹を生じます。

頬インプラントは輪郭形成の中でも特にこの凸凹リスクが強いです。

輪郭形成においては皮膚の凸凹リスクには十分にリスクに注意してクリニック・ドクター選びをしなければなりません。

効果・変化がないリスクについて

頬インプラントの「効果・変化がない」リスクを知っておこう!

頬インプラントは、効果・変化がないリスクが生じることもあります。

これは、担当した医師が事前のカウンセリングに時間をかけなかった事が原因で起こります。

カウンセリングでは、患者の希望とする頬の形などを詳しく把握しなければいけません。

しかし、時間をかけないと、患者のの希望がしっかり把握できず、満足行く仕上がりにならないです。

感染するリスクについて

頬インプラントは頬の形を整えるのに有効的な整形ですが、感染のリスクがあります。

これは、不衛生な環境で施術を行ったり、器具などの消毒が甘い場合に起こります。

頬の切開した部分から雑菌が入り込んでしまうと、麻酔が切れた後に痛みや腫れが強く出てしまいます。

高熱が出て日常生活に戻る事が難しいので、信頼できるクリニックに任せる事が大事です。

被膜拘縮(カプセル)について

頬インプラントでは、被膜拘縮(カプセル)が起こるリスクがあります。

これは、体内の異物を排除しようとして、頬に挿入したプロテーゼの周りに硬い膜ができてしまう症状を言います。

膜で厚く覆われてしまうので、頬が硬くなって不自然な印象になってしまいます。

この場合、プロテーゼを再び除去する必要があります。

医師選びのコツと名医のご紹介

そして、頬インプラントを受けてもイメージに合わないことがあります。
これは、手術を行う医師の技術不足や経験不足から起こって来ます。

個々の顔の表情に合わせて、自然な感じの頬になれるように行うのが、頬インプラントのメリットですので、医療機関や医師の選び方次第でこのようなリスクに見舞われてしまうこともあります。

さらに、せっかく受けた頬インプラントでも、その後、違和感が残る場合があります。

数日間で治まるのがふつうですが、それ以上も長引いて違和感が感じられる場合には、何らかの悪影響が出ている可能性も高くなります。

このようなリスクがあることを、事前に知っておくことはとても大事なことです。

丁寧で分かりやすいカウンセリングを行ってくれる医療機関をまず探しましょう。

不明な点やリスクに関しても、受ける前にきちんと説明をしてくれる医療機関であれば、信頼が持てると考えて良いでしょう。

逆に、カウンセリングを適当に済ませるところは、避けた方が賢明です。

信頼できる美容外科を見つけるには

頬インプラントは、頬をきれいにできる反面、色々なリスクが起こる可能性がある施術です。

特に顔という目立つ部位にメスを入れるので、きちんと信頼できる美容外科に施術を任せる事が最優先事項といえます。

当相談所ではおすすめの美容外科のご紹介をしておりますので、どうかお気軽にご連絡ください。

以上、頬インプラントにおける代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*