輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

額シリコンプロテーゼのリスク5つとは?

おでこがへこんでいたり、額が平べったいなど、立体感のない顔立ちなので、もっとメリハリをつけたいと思っている方があれば、美容外科に相談すれば、おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入を勧めてくれます。

へこんだ部分や平らな部分にシリコンプロテーゼを挿入すれば、顔にメリハリが出来て、若々しく見られるので試してみるようにしましょう。

ただしこの手術は信頼できる美容外科に任せないと、失敗する可能性があるので、リスクをおかしたくないなら、実績豊富な名医のいるところに行くようにしましょう。

どんなリスクがあるかといえば、菌に感染して傷口が化膿したり、出血による血が溜まって、顔がぱんぱんに腫れあがったりしますし、神経を傷つけてしまったせいで、顔面麻痺が起こってしまうこともあります。

カウンセリングの際、おでこ・額のプロテーゼのリスクについてきちんと説明してくれて、アフターケアも万全だと保証してくれる美容外科なら信頼できるので、どこで手術を受けるか迷ったら、口コミを読んで決めるようにしましょう。

おでこ・額のシリコンプロテーゼのリスク

額シリコンプロテーゼのリスクまとめ

額シリコンプロテーゼに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、額シリコンプロテーゼのリスクに関する特集ページを作りました。

額シリコンプロテーゼのリスク 「被膜拘縮(カプセル)」デメリットについて

拘縮とは額シリコンプロテーゼを使用した際に生じる体の異物反応で、コラーゲンの膜でシリコンプロテーゼを覆う様になる事を指します。

拘縮が起こってしまうと皮膚感が硬くなったり、最悪の場合、抜去しなければならなくなります。
ですが、ほとんどの美容外科は拘縮が起こってしまうタイプの額形成のプロテーゼの材料を使用しており、それが原因で術後にリスクを発症しています。

こだわる方は拘縮FREEの材料をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。
拘縮を避ける事が出来ます。

額シリコンプロテーゼのリスク 感染

額シリコンプロテーゼだけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

額シリコンプロテーゼのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

額シリコンプロテーゼの治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

額シリコンプロテーゼのリスク 凸凹

額シリコンプロテーゼのリスクとして代表的なものに額セメントが有ります。

勿論、額シリコンプロテーゼだけではなくヒアルロン酸やレディエッセなどのプチ整形と言えど、注入技術が低いと凸凹を生じます。

額シリコンプロテーゼは額形成の中でも特にこの凸凹リスクが強いです。

額形成においては皮膚の凸凹リスクには十分にリスクに注意してクリニック・ドクター選びをしなければなりません。

<美容整形リスク>効果が無いというデメリットもあるおでこ・額のシリコンプロテーゼ

「効果が無い」デメリットについて。

おでこ・額のシリコンプロテーゼでは、おでこにボリュームを出すことで、顔全体のめりはりを出すことができます。

おうとつをしっかりと出すことによって、外国人のような雰囲気の顔になることも出来ます。
しかし、もともとの骨格の状態や、プロテーゼの入れる部位などによっては、効果が無いと感じることもあります。

効果を実感できない場合には、さらに大型のプロテーゼの挿入や修正手術が必要となります。

「プロテーゼが浮き出てくる」デメリットについて

おでこ・額のシリコンプロテーゼで最も注意したいのが、プロテーゼが浮き出てくるデメリットです。

プロテーゼの挿入位置が適していなかったり、部位に対してのプロテーゼの大きさや厚みが大きかった場合に非常に起こりやすいものです。

医師の技術力や知識によって、回避できるデメリットでもあるので、手術を行うときには、信頼できる医師を選ぶことがとても大切です。

メリットだけでなく、デメリットもきちんと把握しましょう。

安心して手術を受けるには

おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入にはさまざまなリスクがあるので、それをまともに説明しないまま、手術を行おうとする美容外科は信用しない方が良いでしょう。

たとえ何らかのトラブルが起きた場合でも、すぐに対処できると確約してくれる美容外科なら安心して任せられるので、カウンセリングのときにしっかり確認しておくようにしたいですね。

おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入を行ったあとにプロテーゼがずれて、見た目が変になることもありますし、プロテーゼの量に問題があり、おでこが膨れ上がったようになったり、逆に入れたはずなのにほとんど印象が変わらないこともあります。

カウンセリングのおすすめ

おでこの異物感がいつまでも続くこともあるので、そんなときはプロテーゼを入れ替えたり、ヒアルロン酸注入で調節したりしますから、仕上がりが気に入らない場合はすぐに医師に相談することが大切です。

どんなリスクがあるのかを知っておけば、いざというときにあわてなくて済みますし、アフターケアが整った美容外科ならすぐに対処できるので、安心して手術を受けるようにしましょう。

おでこがへこんでいたり、額が平べったいなど、立体感のない顔立ちなので、もっとメリハリをつけたいと思っている方があれば、美容外科に相談すれば、おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入を勧めてくれます。

へこんだ部分や平らな部分にシリコンプロテーゼを挿入すれば、顔にメリハリが出来て、若々しく見られるので試してみるようにしましょう。

名医による手術をすることが重要

以上、額アパタイトにおける代表的なリスクについてまとめました。

おでこ・額のシリコンプロテーゼの挿入手術など、美容整形手術は医師の技術力や知識がとても重要になります。
名医による手術であれば、回避できるデメリットもあります。

手術を検討している場合には、手術費用だけをチェックするのではなく、医師の実績や経歴、クリニックの口コミなどの情報もしっかりとチェックして、名医を選ぶようにしましょう。

失敗すると、修正手術のリスクや傷跡などのリスクも伴います。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*