輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

額アパタイトのリスク6つとは?

美容整形にも様々な種類がありますが、特に注入系の治療は手軽に行えてすぐに効果を実感できることで人気となっています。

特にハイドロキシアパタイトは効果を長持ちさせることができますので、鼻を高くする治療などに活用されています。

頬ハイドロキシアパタイトは頬の前面にハイドロキシアパタイトを注入する治療です。この治療を行うと頬をふっくらさせ若々しい顔立ちに導いていくことができます。

頬ハイドロキシアパタイトはヒアルロン酸よりも固さがありますので深いほうれい線のシワの改善にも役立ってくれます。

プロテーゼを入れるような治療では切開を行う必要もあり、ダウンタイムも長くなりますが、ダウンタイムもより短く抑えられ、傷が残る心配もありません。

治療自体は短時間で行うことができ、安全性にも優れた治療ですが、美容整形にはどんなものでもリスクは伴いますので、治療を行う際はメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットはないか、どんなリスクがあるかはよく確認しておきましょう。

頬ハイドロキシアパタイトのリスク

額アパタイトのリスクまとめ

額アパタイトに関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、額アパタイトのリスクに関する特集ページを作りました。

おでこ・額のアパタイトのリスクは?「効果が無い」ってどういうこと?

効果が無い場合がある。

おでこ・額のアパタイトは、人工骨という最も本物のの骨に近い素材を使った施術で、立体感のある額にすることができます。

この施術は医師の技術力の不足などで手術後に効果が無い場合があります。原因はカウンセリングが十分ではないことが考えられます。

医師の技術力によってキレイな額の仕上がりになるため、技術力のある医師に手術をお願いすることがたいせつです。

注入部の傷跡が残る可能性がある

おでこ・額のアパタイトは、額の手術で頭蓋骨の額の部分に人口の骨をペーストしたもので額を希望の形に仕上げる方法です。

髪の毛の中や、耳の上から反対の耳までの切開が必要になるため、注入部の傷跡が残る可能性があります。医師によっては縫合せの技術が未熟な場合は、縫合せの跡や傷跡が目立つことになってしまいます。

やけどの症状があらわれる可能性がある

粘土状のアパタイトを頭蓋骨の額の部分にペーストして形を整えるおでこ・額のアパタイトの施術は、ペーストを塗った後に約10分で固まり人口骨になりますが、熱を発するため皮膚にやけどの症状があらわれる場合があります。

万が一火傷をおってしまうと肌をキレイな状態に戻すことは難しくなるため、技術力の高い医師を選ぶようにします。

額アパタイトのリスク 顔面神経の麻痺

額アパタイトのリスクとして致命的なのが顔面神経の麻痺です。
表情筋を壊さず、神経を損傷しないように額セメントをする際には注意しなければなりません。

ですが、経験の浅いドクターで尚且つ、レントゲンを撮らないクリニックでは医師が神経の位置を確認できずに傷つけてしまうかもしれません。

そのため、額アパタイトをする際は安全面に配慮しているクリニックを選択して頂く事が大切です。

また近年では、韓国などの輪郭形成における神経ぎりぎりの過激な手術が行われております。

この方法は神経ぎりぎりの手術ですので大失敗する可能性があります。こちらも注意しなければなりません。

額アパタイトのリスク 感染

額アパタイトだけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。額アパタイトのリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

額アパタイトの治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

額アパタイトのリスク 凸凹

額アパタイトのリスクとして代表的なものに額セメントが有ります。勿論、額アパタイトだけではなくヒアルロン酸やレディエッセなどのプチ整形と言えど、注入技術が低いと凸凹を生じます。

額アパタイトは額形成の中でも特にこの凸凹リスクが強いです。

額形成においては皮膚の凸凹リスクには十分にリスクに注意してクリニック・ドクター選びをしなければなりません。

良い仕上がりにするためには医療機関選びは慎重に

頬ハイドロキシアパタイトを行うと、頬がふっくらし、ほうれい線も目立たなくなりますので、若々しい顔を取り戻すことができます。

とはいえ、手軽に行える治療というイメージのある頬ハイドロキシアパタイトもやはりリスクはあります。

まず、こうした治療でもある程度腫れや痛み、内出血はあることは理解しておきましょう。

メスを使う治療のことを考えればダウンタイムは短めですが、飲酒や長時間の入浴はダウンタイムを長くしてしまう傾向がありますので注意が必要です。

そして、比較的簡単な治療と考えがちですが、自然で美しく仕上げるためには、医師の技術力、優れたセンスが必要です。

もし不自然な仕上がりになってしまった場合も、ヒアルロン酸のように溶解剤はありませんので、もし理想の仕上がりにならなくても体に吸収されるまで待たなくてはいけません。

長期に効果を維持できる治療だからこそ、良い仕上がりにするためには医療機関選びは慎重に行う必要があります。

技術力の高い名医を選ぶには

おでこ・額のアパタイトでは、額の皮膚と骨の間に人工の骨のペースト状にしたものを塗って整形するため、手術をする医師に高い技術力が必要となります。

この手術ではリスクもあるため、技術に未熟な医師が行なうと失敗する可能性があります。

おすすめは名医を紹介しているこちらのサイトに相談をして技術などに信頼できる医師を紹介してもらうことが良い選択です。

まとめ

以上、額アパタイトにおける代表的なリスクについてまとめました。

コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。

名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*