輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顎T字骨切りの名医をうまく探す3つのポイント

エラが張っている訳ではないのに下顎が広くがっちりとしてることが原因で、正面から見たときに顔が大きく見えてしまう場合に行われる手術方法の一つで、顎のラインを綺麗なV字型にすることができます。

日本の美容整形でも実施しているクリニックが多くありますが、この手術の仕方は韓国で流行っている方法であり、名医も韓国にいます。日本から近いため韓国で病院を探して受けることも可能ですが、事前に料金相場などを確認しておくことが大切です。

日本のクリニックから紹介状を書いてもらえる場合もあるため確認を行っておくと良く、名医も見つけやすくなります。事前に予約が必要になりますから、公式なサイトで確認しておくべきです。通常日本で行われるときには3日から5日程度の入院が必要になる場合が多いため、早めに計画を立てて都合の良い日を確保するべきです。

名医は人気があり、すぐに手術の順番が回ってこないこともあるので、複数のクリニックにて予約状況を確認しておくとより良いです。

あごのT字骨切り手術の名医

海外で行うよりも日本で受けた方が安心

T字骨切りが流行っている韓国は、輪郭形成を専門に行っているクリニックがあるため、名医を探すときにはその専門クリニックを検索して調べれば容易に見つけることができます。韓国語が分からない人でも心配する必要がなく、日本人患者向けの日本語のホームページやブログなどが作成されているため、誰でも調べることができます。

実際にクリニック内にも日本語ができるスタッフを配置してくれている場合もありますが、いない時には韓国語や英語などで意思の疎通をはかることになります。通訳を雇う方法もありますが、面倒であれば日本語が話せるスタッフがいるクリニックから選ぶべきです。

海外は不安なため日本でT字骨切りの名医を探したいときには輪郭形成の施術件数が豊富であり、顎T字骨切りの症例写真を掲載しているサイトを探すことで見つけることができます。日本で受けたほうが術後のアフターケアも受けやすく、経過観察で診察を受ける際にも便利であるといえます。

気になる!大阪で顎 T字骨切りの評判が良い美容外科はどこ?

顎 T字骨切りの手術とは、正面から見たときにあごの幅が広い場合に、あごの中心の骨をT字に切り取り、両側のあごの骨を中心に向けて固定することで、シャープな輪郭を作りあげることが出来る美容整形手術です。この手術には高い技術力と、豊富な知識が必要となります。そのため輪郭形成手術が得意なクリニックでの手術がおすすめです。

カウンセリングには、現在のあごの状態を把握するために、レントゲン写真を使用して、模型などを使いながら手術の方法や、仕上がりのイメージなどを伝えていきます。

その際に、効果だけでなく、この手術におけるリスクもきちんと聞いておいたほうが良いでしょう。
美容整形手術にはリスクが必ず伴います。

それを理解したうえで手術を行うことが、手術後のトラブル回避のためにも、とても大切になります。
納得が出来る状態で手術に挑みましょう。

あご削りを失敗しない名医とは?

顎 T字骨切りの手術は、高い技術力が必要となる手術です。
そのため未熟な医師による手術を行った場合には、あごがシャープになりすぎたり、効果が出無いなどの失敗もあります。
他にも、手術後に違和感が残ってしまったり、肌のたるみやつっぱり感が残る、輪郭ががたがたになってしまう恐れもあります。
このような失敗には、医師の技術力不足が原因と考えられます。手術の値段だけで医師やクリニックを決めてしまうのは大変危険です。
特に相場よりも安い手術費用で行っている場合には、未熟な医師や新人の医師による手術となる場合があるので注意が必要です。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*