輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

何日休みがあればいい?顎T字骨切りのダウンタイム

顎削り整形の種類はいくつかあり、顎T字骨切りはそのなかのひとつです。
T字骨切りの特徴は、ほかの整形施術よりも効果が期待できる点にあります。 全体的に顔が小さく見えるようになり、身体とのバランスが良いという印象を与えやすくなるというメリットがあります。
また、顎を短くできるのはこの方法が現在のところ唯一となっています。
口内を切るため傷口が外部からは確認できないという点も特徴であり魅力となっています。 ほかの整形施術ではどうしても切開した痕が見えてしまう場合があり、ばんそうこうなどで隠したとしても部分によっては分かる人には分かってしまいますが、T字骨切りの場合はそのような心配はありません。
一般的にT字骨切りのダウンタイムは1か月程度となっています。 大きな腫れや痛みが伴う可能性がありますが、それは最初の2週間で治るというケースが多く、残りのダウンタイムは傷口の違和感や全体的な小さな腫れが主な症状となっています。

顎T字骨切りのダウンタイム

ダウンタイムについて

顎T字骨切りはシャープな輪郭を得ることができることで注目されている整形施術のひとつです。
大きな効果を期待できるT字骨切りは、一方で痛みや内出血、そして口内全体の腫れが比較的長く続く可能性があるという点を考慮に入れる必要があります。

顎T字骨切りのダウンタイムは1か月程度ですが、人によってはそれよりも長く口内の腫れなどが続く場合があります。 また、施術時に神経を傷つけてしまい痺れが残ったというケースもあります。
平均的なダウンタイム期間が終わっても痛みが続く場合には施術を依頼した医院をたずね、痛み止めを処方してもらったり、なんらかの対処をしてもらうようにしましょう。 施術する部分が口内であるため、毎日の食事に著しい支障をきたす前に医院に通うようにしましょう。
T字骨切りをしたあとの痺れが残る場合は、ステロイド注射やマッサージによって解消させていきます。
整形施術を依頼する前に、アフターサービスをしっかりと行っている医院かどうかをチェックしておくことが大切です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*