輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

知らないと怖い顎T字骨切りのデメリット3つの解説

あごは顔の中でも注目を集めるパーツです。目や鼻が整っていても、しゃくれていたり長い場合、人の目はあごに集中してしまいます。

あごの整形は、さまざまな悩みを解消できる美容整形で、形状によっていくつかの施術方法があります。

エラが張っている場合には、下顎角切除術で、耳の下にあるあごの骨を切除することで、自然で柔らかいフェイスラインを作ることができます。

皮質骨切除術は、あごの骨の厚さを縮小させる手術で、正面から見たときにすっきりした輪郭にすることができます。

T字骨切り術は、正面から見たときに、顎が広くて大きい場合に行う施術で、T字の形で骨を切り、中央へ集めてあごのラインをすっきりとさせます。

深部頬縮小術は、頬の脂肪が多く、あごの手術だけではあまり効果を得られない場合に行う施術です。

T字骨切りは、小顔効果や長いあご、太いあごを改善できるメリットがありますが、失敗すると輪郭が凸凹するデメリットもあります。

顎T字骨切りのデメリット

手術を受けようと思っているのであればカウンセリングを受けよう

顎T字骨切りとは、あごの真ん中の骨をT字に切除し、両側の骨を中央にあわせて固定することで、輪郭をシャープにできる美容整形手術です。

この顎T字骨切りは、主に韓国で流行っている輪郭形成の一つで、尖った細い顎によって小顔効果を上げることができます。

日本でも、このT字骨切り手術は人気の方法で、ボトックスなどでは得られない劇的な変化を得ることができるのが特徴です。

ただこの施術には技術が必要で、失敗を回避するためには、レントゲンを使って事前にしっかりとした手術計画を立てる必要があります。

もし経験がなく、技術のない医師が施術した場合、輪郭が凸凹になるなどのデメリットを生じることがあるので、技術が高く、極細糸の使用や顕微鏡下器具などを使用し、経験が豊富な医師を選択することが大切です。

あごの手術を受けようと思っている人は、メリットとデメリット、リスクを知った上で、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

後悔しないために。効果が無いというデメリットを事前に回避!顎 T字骨切りで新たな自分になる!

効果が無かったらもう一度手術する。

顎 T字骨切りのデメリットとしてはまず、効果が無いということが挙げられます。

効果が無かったらもう一度手術を受ける必要があるでしょう。

しかし、顎削りをしすぎると骨髄が露出してしまうこともありますし、筋肉の癒着によって顔が引きつれてしまうこともあります。

顎下に存在する筋肉などが癒着した場合、引きつれを起こしてしまうので注意が必要です。技術力の高いドクターに任せるようにしましょう。

顎削りを選択する場合の注意点とは

顎 T字骨切りのデメリットとしてたるみもあります。

削る部分の骨を全体的に露出させることにより、たるみが出てしまうと言われているので注意しましょう。顎削りを選択した場合、削る部分の骨を露出させなくてはなりません。

そうするとオトガイ下端の骨に繋がっているオトガイ筋などの軟部組織を剥がす必要があります。結果としてたるみが起こりやすくなってしまうとされています。しっかりドクターを選んでいきましょう。

麻痺によって神経を損傷することも

顎 T字骨切りのデメリットとしてオトガイ神経の麻痺などもあります。

麻痺が起こったということは神経を損傷してしまったということであり、オトガイ神経の麻痺は未熟なドクターの施術によって起こってしまうことがあるのです。

顎削りをして一年以上経っていても皮膚が硬くなってしまうことが考えられます。このような麻痺が起こってしまった場合、対処法としてステロイド注射を打つことになるでしょう。またマッサージも効果があります。

当相談所では名医を紹介しております

顎 T字骨切りで失敗したくないという場合、経験豊富なドクターを選択することが大切です。

中には名医とされていても実はあまり経験のないドクターなどもいます。

未熟なドクターによる施術を受けるとトラブルが起こりやすいため、そのようなドクターは選ばないように注意しましょう。また、効果を実感できないこともあります。

当相談所では顎 T字骨切りの名医を紹介しております。美容整形が初めての方でも気軽にご相談できます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*