輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

理想の自分を手に入れる!下顎枝矢状分割法(SSRO)のメリット

下顎枝矢状分割法(SSRO)とは下顎を後ろに引っ込めるという手術方法であり、以前は難しいとされていた美容クリニックの手術のひとつなのですが、3DCTや精密な骨模型など美容医療の発展とともにデメリットが改善できるようになってきたことで安全に利用することができる手術として利用されるようになっています。そんな下顎枝矢状分割法のメリットとしてはいくつか挙げられているのですが、ほかの手術よりも施行中に下顎を前後左右と自由に動かすことができるようになっているので、より精密に自分の理想の顎の形にすることができるというところがあります。ほかの手術では種類によっては理想のラインにすることが難しいことも多いとされていますし、難しい顎のラインや形にも対応することができるようによってより自分の理想のスタイルを手に入れることができるようになっているというところはコンプレックスを持っている人たちには嬉しいメリットのひとつとなっているようです。

下顎枝矢状分割法のメリット

メリットについて

ほかにも下顎枝矢状分割法(SSRO)のメリットとしては手術跡の骨の癒合がほかの手術と比較するとスムーズかつ速やかに行われるので、後戻りが少ないというところが挙げられています。これによって手術をした後に少しずつもとの形に戻ってしまうというリスクを解消することができるので、理想の顎のラインをずっと維持することができるようになっています。そして下顎枝矢状分割法(SSRO)は適応範囲が広くなっているので単純に顎のラインを綺麗にしたいというだけではなく、小下顎症、下顎非対称、開咬症などの顎の病気の治療にも用いることができるようになっているというところも大きいです。病気で下顎枝矢状分割法(SSRO)を利用した場合は保険適応となる可能性もありますし、病気の治療として、そして治療すると同時に綺麗な顎のラインにすることができるというところは美容クリニックならではのメリットとなっており、非常に注目されている施行術となっています。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*