輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のレディエッセのダウンタイム、どのくらい続く?

平らなおでこ・額をしていると、若々しく見えないので、もう少しふっくらした丸みがあればいいのにと、鏡を見るたびに思っている方があれば、美容外科に相談するようにしてください。
美容外科に行くと、おでこ・額をふっくらさせるためのさまざまな方法を提案されますが、メスで切るのが怖い方にはレディエッセ注入がおすすめなので、チャレンジするようにしましょう。
レディエッセを行うと、短時間でおでこ・額にハリを与えられるので、アンチエイジング治療として人気がありますが、ダウンタイムはどのくらい続くか、気になる方もあるでしょうね。
あまり長く続くと、外出しにくくなりますし、仕事をしている人だと、症状が治まるまでは会社に行けなくなってしまいます。
しかしレディエッセというのは、皮膚を切るような本格的な手術ではなく、ふくらませたい部分に注入するだけの簡単な施術なので、その部分が大きく腫れるようなことはないので、安心するようにしましょう。

おでこ・額のレディエッセのダウンタイム

カウンセリングをきちんと受ける

美容外科でおでこ・額のレディエッセの施術を受けたいけれど、ダウンタイムが長引くのは困るという方は多いですが、基本的には
注入治療なので、内出血が起こったり、腫れたりすることはないですが、体質によっては腫れる人もいます。
その腫れも数日もすれば治まりますから、ダウンタイム期間についてはそれほど心配する必要はないでしょう。
おでこ・額のレディエッセ注入には痛みがあるのか、気になる方も多いですが、基本的には麻酔の後に注入が行われます。
美容外科によって違いますが、局所麻酔かクリーム麻酔、静脈麻酔を行うところが多いので、おでこ・額のレディエッセ注入をしても何も感じることはありません。
静脈麻酔をする場合は別途料金がかかるものの、局所麻酔のみとは違って、痛みや不安が取り除かれた状態で施術を受けられるので、怖がりの方におすすめです。
カウンセリングを受ければ、ダウンタイムや痛みについての詳しい説明があるので、わからないことはすべてそこで解消するようにしてください。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*