輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

知っておくべきおでこ・額のレディエッセのデメリット

レディエッセは歯や骨を形成している成分を利用した注入薬液を利用したものであり、おでこ・額に注入した場合は希望する額を形成するという簡単な手術として美容クリニックで利用されています。長期間形成した額を維持することが出来るというところや気軽に利用することができるなどのメリットから利用する人たちも多いのですが、実はレディエッセにはデメリットも多く、おでこ・額の部位に注入することによってどのような症状が起きるのかというところは事前に把握しておくことが必要になります。
というのも、レディエッセはあくまでも薬液を注入するものとなっているので人によっては効果がないという場合もありますし、それによって希望する額の形成ができないという事もあります。また、ゆっくり注入された成分は吸収されるのですが、なかなか吸収されなかったりまだらに吸収されてしまった場合、額に凹凸ができてしまうという場合も有るので注意が必要となります。

おでこ・額のレディエッセのデメリット

おでこ・額のレディエッセの失敗例

おでこ・額のレディエッセは特に人目につきやすい部分への施行となっているのでデメリットに関してはより注意が必要となっているのですが、効果がなかった場合は特に問題はないですし、凹凸に関しては前髪のヘアスタイルを工夫することによってある程度誤魔化すことができるようになっています。ほかにも薬液が多すぎて膨らみすぎてしまったりしこりができるという事もありますが、これらもやり方によっては落ち着くまで施行部分を誤魔化すことができるデメリットといえます。
ですがおでこ・額のレディエッセの失敗例として一番厄介なデメリットとして知られているのが、皮膚の血行障害や壊死を起こしてしまったというケースです。これはそこまで頻繁に起きるものではないのですが、上記の症状を放置していると起こりやすくなっており、壊死まで起こしてしまうと場合によっては手術をしなければならないという場合もあります。
このように取り返しの付かない問題も起きる可能性があるので、おでこ・額のレディエッセをする場合には事前のカウンセリングをしっかり行っておくことが重要となっているのです。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*