輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のレディエッセの修正はできる?費用は?

おでこ・額をふっくらさせて、ハリのを感じさせる、若々しい状態にしたいときは美容外科でレディエッセを注入することをおすすめします。
ヒアルロン酸を注入して、ハリを与えることも出来ますが、レディエッセの場合はハイドロキシアパタイトという物質を主成分としている注入剤で、歯や骨の成分として知られているものです。
毒性やアレルギー性がないことから、ハイドロキシアパタイトは非常に安全性が高く、歯科などの多くの医療分野で用いられています。
ヒアルロン酸に比べると、レディエッセは硬めの材質なので、おでこ・額に注入すると、シャープで綺麗なラインに仕上げることが出来ます。
ヒアルロン酸よりも長持ちするのも魅力なので、おでこ・額をふっくらさせたいときは注入してもらうようにしましょう。
ただし美容外科選びを間違うと、でこぼこになるなど、仕上がりが不自然になってしまうので、出来るだけ名医のいるところに任せるようにし、もし失敗した場合は修正を依頼するようにしてください。

おでこ・額のレディエッセの修正

注入の1時間後には化粧をすることも出来る

おでこ・額のレディエッセの施術方法は、ヒアルロン酸を注入するときと同じで、極細の針で局所麻酔した後、5分程の時間をかけて、気になる部分に薬剤を注入するだけで終わります。
メスで切開することはないので、顔が腫れるようなこともほとんどなく、注入の1時間後には化粧をすることも出来るので、誰にも知られることなく、ふっくらとした、ハリのあるおでこ・額になれます。
若々しいと思われるようになるのは間違いないですが、医師の技術が低いと、おでこ・額のレディエッセをしたにもかかわらず、ほとんど変わり映えしなかったり、注入した量が多すぎて、膨らんで見えることがあります。
そんな状態になったら、施術を受けなければよかったと思ってしまうので、修正してもらうようにしたいですね。
アフターケアが万全な美容外科に通っていれば、おかしな部分を修正してくれるので、綺麗なラインのおでこ・額を手に入れることが出来ます。
おでこ・額のレディエッセの費用は美容外科によって違いますが、大体15万円~20万円ほどなので、安くて技術の高いところに任せるようにしましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*