輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

プロテーゼ抜去・入れ替え(あご・こめかみ・頬・額)のアフターケアの重要性とは

プロテーゼは、医療用具として、体内に埋入する人工物のことを指しています。プロテーゼはさまざまな医療で使われ、人工骨や人工臓器、義眼、入れ歯などのインプラントも種類によってはプロテーゼと呼ばれます。
一方でプロテーゼの需要が高いジャンルとしては整形手術に用いられるものです。顔のラインを整えるためにプロテーゼは広く使われていますし乳房を大きくする豊胸バッグもプロテーゼのひとつです。
主に顔に利用されるプロテーゼに使われている素材はシリコンゴムで作られたもので一定の硬さがあり人工軟骨になります。プロテーゼのアフターケアはボリュームアップした量に比例して重要になってきますし、耐久性も異なってきます。
極端に高くしたりした場合にはずれるリスクが高くそのような状態になった場合にはプロテーゼ抜去・入れ替えといった修正手術を行う必要があります。また医師の技量によって仕上がりが左右されるため、満足な結果が得られない場合にも同じくプロテーゼ抜去・入れ替えといった修正手術を行う必要があります。

プロテーゼ抜去・入れ替えのアフターケア

人工物を埋入させることのリスクを理解して行うことがポイント

プロテーゼのアフターケアは、豊胸術の場合には定期的なマッサージが必要とされますが、顔に埋入させた場合には人工軟骨程度なので、ほとんど必要ありません。ただし人工物を埋入させているため術後の痛みや腫れが起こるリスクがあります。特に炎症症状が出て悪化すると周辺組織を破壊してしまうため、ダメージも大きくなり修正するのが難しくなるため早めの対応が必要で、術後のアフターケア保証が整っているクリニックを選ぶ必要があります。
プロテーゼによる炎症が発生した場合には軽度では抗生物質で症状を抑えることができますが、悪化している場合にはプロテーゼ抜去・入れ替えを行う必要があります。また何らかの理由でプロテーゼが上手く癒着せずにグラグラしたり、飛び出して輪郭が浮き出る、また鼻の形が変化してしまうといった場合にはプロテーゼ抜去・入れ替えを行う必要があります。いずれにしても人工物を埋入させることのリスクを理解して行うことがポイントになります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*