輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの修正はどういう流れで行われるの?

おでこ・額の形が気に入らない、もうちょっとホリの深い顔にしたいなど修正を加えたい人は良く聞きます。いくつか方法があるので、その特徴をよく理解しておでこ・額をなおしましょう。

まずは注入剤や脂肪などをおでこに入れて修正する方法です。簡単にできる反面、その効果も限られたものになります。ちょっとした段差を埋めたり、丸みをつける程度ならばこれで十分です。また体内に吸収されてしまうこともあり、効果がない時もあります。

つぎにシリコンを入れる方法です。頭皮を数センチ切開して額の骨膜下にスペースを作りそこに入れますが、現在はあまり行われていません。時間が経ってくると、シリコンの周りにカプセルができて、これによってその周りが目立つようになるからです。

それからゴアテックスを入れる方法もあります。シリコンの代わりにこれを入れることが多いです。カプセルを作ることがないので、時間が経っても目立たないです。しかし、柔らかく厚みの少ない素材なので、立体的な顔立ちを作るのは難しいです。
そして最後に骨セメントやアパタイトによる手術があります。これらはかなり自由な形にでき、時間が経っても変化しないのが特徴です。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの修正

入念にカウンセリングを行う

骨セメントとはおでこ・額のポリメタクリル酸メチルで修正し、形を整えることです。アパタイトも同様です。基本的には外科手術なので、そのような入念にカウンセリングを行ってから手術に入ります。

まずは全身麻酔の後、髪の生え際などを利用して左右の耳を起点にぐるりと皮膚を切開し、頭蓋骨を見える状態にします。そして前頭部にペースト状にしたポリメタクリル酸メチルを乗せて形を整えます。この際発熱を伴うので、周辺部分を冷ましながら手術を行います。アパタイトではこのような発熱はないために、冷やす必要はありません。その後固まったのを確認したら、はがしてあった皮膚を戻して手術は終了です。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルによる修正はこのような流れになっています。

アパタイトですと、固めるときの発熱がないこと、リン酸カルシウムからできているため、実際の骨により近い材料といえ、その二つの点が大きな違いといえます。二つに耐久性や見た目の差などは現れず、手術が終わればわかりません。しいて言うなら、アパタイトのほうが材料費が高く、使用する量にもよりますが、費用が20万円から40万円ほど違ってきます。

再手術にならないための医師・病院選び

量を自由に調節でき、入れすぎても固まってから削ることが可能ですが、技術がない医師が行うと滑らかに形成できない可能性がありますし、皮膚のたるみが起きてしまうことがあります。失敗しないためには現在の頭蓋骨の形をしっかりと把握してからデザインを行うことが大切になってきますが、シミュレーションが不十分な医師もいます。

東京で評判が良いクリニックであれば、技術が高く納得できる手術を受けた人が多いといえるため、失敗する可能性を抑えて希望するデザインにしてもらえる可能性が高まります。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*