輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルにはこんなデメリットがあるんです!

おでこ・額を整形するとき色々な方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。その特徴をよく知り、自分に何が必要なのかを知らなければいけません。
まずは脂肪や注入剤によるおでこ・額の整形があります。この場合は簡単に行え、痕が分かりにくいというメリットがあります。その反面、へこみを埋める程度の整形しかできないというデメリットがあります。また入れるものによっては体内へ吸収されてしまうため、全く効果が現れないということもあります。
次にシリコンやゴアテックスなどを入れる方法があります。どちらも簡単に行え、傷跡が目立たないというメリットがありますが、先の二つ同様、立体的な整形などには向かず、深いホリを作ることなどは難しいです。またシリコンでは周辺部分にカプセル状のしこりができることがあり、目立ってしまうことがあります。
そのため思い通りの形を作りたいのならポリメタクリル酸メチルやハイドロキシアパタイトを使う方法が有効です。

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルのデメリット

全身麻酔による手術

おでこ・額のポリメタクリル酸メチルによる整形の場合、外科手術の中でも大掛かりなものになります。先ほど挙げた四つの方法は、いずれも局部麻酔で行うことができますが、ポリメタクリル酸メチルを使う手術では、全身麻酔による手術を行います。
頭皮を大きく剥がして、頭蓋骨がほぼ全部見える状態にして、おでこ部分にペースト状のポリメタクリル酸メチルを乗せていきます。そこで形を成型し10分ほど放置することで固まらせます。その後、剥がした頭皮を元に戻して終了です。
おでこ・額のポリメタクリル酸メチルの場合、この手術自体が大きなデメリットとなります。まず傷跡がどうしても目立ちます。髪の毛で隠れますが、それでもふとした時に見えてしまう可能性が高いです。また、大きく剥がして異物を入れているので、最初の1~2週間は腫れが出てしまいます。そしてしばらくは違和感が残ることがあります。
ポリメタクリル酸メチルを使った手術を受ける場合には、これらのデメリットを理解しうえで手術を受けるようにしてください。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*