輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

【経験者7人から分析】受け口を解消する整形、下顎前突や審美歯科などまとめ

受け口を治したい(下顎前突)

受け口(下顎前突)とは、上あごに対して下あご(下顎骨)が前方へ突出した輪郭を言います。

口元が美しいと上品な印象や美しい印象になりますが、上下の歯が前の方に突出していて口を閉じにくい人や口を閉じたときに口元が前の方に突き出ている上下顎前突の場合、口元がこんもりしていて顎が小さく見えてバランスが悪かったり、笑ったときに歯茎がたくさん見えてしまったりするため、口元の印象が強く残ってしまいがちです。

上下顎前突の美容整形では、上下左右の4番目の歯を抜いて、空いたスペースを利用して、前歯6本と歯茎の骨ごと後ろに押し下げて、口元を整えます。

軽度の下顎前突症では、矯正歯科治療での噛み合わせ(咬合)の改善を図るという選択枝もありますが、骨格的な下顎前突のほとんどは骨切り術という手術治療の対象になります。

手術では下顎セットバック、下顎骨を切ることによって、人工的に骨折を起こさせて下顎骨を正しい位置へ移動します。下顎骨の突出が著しい場合や上あごにも変形が認められる場合は、上顎セットバック(上あごの骨切り術)を同時に行うこともあります。

失敗を回避するためには、レントゲンを使って術前にしっかりとした手術計画を立てられる名医を選択出来るかどうかにかかっています。こだわる名医は模型から作ってくれたり、ダブルライセンスのドクターもおられます。

”なんちゃって輪郭専門医”には十分注意してください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

受け口を治したい(下顎前突) 症例写真

症例画像①

受け口を治したい(下顎前突) 美容整形・手術・治療

輪郭の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

荒木さやかの様な綺麗なフェイスライン・横顔に整形する審美歯科治療とは

参照:https://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/

荒木さやかの様な綺麗なフェイスライン・横顔に整形する審美歯科治療とは

荒木さやかは、モデルとして絶大な人気を誇っています。

きれいなボディラインが女性から見ても美しく、憧れる人は少なくありません。大きな目元にばかり目がいってしまいますが、荒木さやかはきれいな口元が特徴です。

ブログなどでも歯科治療を受けたことを公言していますが、治療前と後では印象が大きく変わります。この治療をすれば、整形のようにきれいな口元にすることが可能であることが分かります。

まず、色や形を簡単に治すには、セラミック治療が使われます。プラスチックは白くても、長期間使っていると変色したり、強度に問題があるので割れることがあります。

セラミックはしっかりとした素材なので、固い物も噛むことができ、さらに透明感を持つので、自然な美しさが特徴です。自分の歯を削って、セラミックにすることもできますし、銀の詰め物や被せ物を外して、付け替えることもできます。この治療を行うと、治療の前と後で驚くような効果があります。

削る量を少なくしたい人には、ラミネートベニアがいいでしょう。表面だけを薄く削り、チップを貼り付けることで、短期間できれいな口元にできます。1週間に2回ほど来院すれば、治療が終わることもあるので、人に気づかれずに治すことができるメリットがあります。

歯を失ってしまった人には、インプラント治療があります。失った部分の骨にチタン製のネジを入れて、その上にセラミックをかぶせることで、見た目を回復することはもちろん、噛む機能も元通りにできます。

どの治療も保険外治療の扱いになりますが、治療をするメリットはたくさんあります。スタッフに相談することで、自分のお口の状態に合った治療を受けることができます。きれいな口元にすることは、誰でも可能生です。

受け口を治したい(下顎前突) 失敗・修正・再手術

受け口を治したい(下顎前突)場合の美容整形は輪郭形成が考えられます。ただし骨を削ったり切ったりする事は、修正・再手術を難しくしますので初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

受け口を治したい(下顎前突) 効果・仕上がり・アフターケア

輪郭の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、正面や横顔の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な骨削り・骨切り整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

輪郭の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。輪郭の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

上下顎前突を受けるなら、口コミで人気の美容外科・クリニック

手術の実績が多いクリニックでカウンセリングを受けて、症例写真などを見せてもらったり、メリットやデメリットについて、自分の口元を見てもらってからドクターに聞き、しっかり理解してから手術を受けるかどうか検討することがおすすめです。上下顎前突の整形手術を受けると、口元のこんもりした感じが解消されるので、スマートで上品な口元になることができます。j

上下の前歯が前に出ていて、口元が前の方に突出していたり、あご先に梅干しのようなしわができたりする人は、口元がこんもりと盛り上がり、あごが小さく見えるため、顔のバランスが悪く、目鼻立ちが整っていても、口元に人の視線が集まりがちです。笑ったときにはが見えてしまったり、口元が出ていて気になる人に人気がある上下顎前突の整形手術は、歯を抜いて、顎ごと後ろにずらすことができるので、上品で美しい口元になることができ、コンプレックスを解消することができるので、口元が出ている悩みがある人に人気がある手術です。

料金・価格相場

上下顎前突の整形手術を受ける場合には、100万円以上の料金が掛かることが多く、少しでも安いクリニックを探したくなりますが、歯を抜いて、骨を切る手術なので、失敗を防ぐためには、経験豊富で、評判が良いドクターに治療してもらうことがとても大切です。カウンセリングを受けて、よく相談し、納得してから申し込みをしましょう。

受け口を治したい(下顎前突) まとめ

輪郭の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*