輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

輪郭整形でアゴのしゃくれ解消するための名医選び

輪郭整形 アゴがしゃくれている

アゴがしゃくれている場合は、あご削りや下顎骨分節骨切り(受け口修正)により、魅力的なラインにすることが出来ます。

かみ合わせが正常であごが前に突き出でいる場合、あごの骨が原因と考えられます。突き出ている顎の骨を削ったり、中間部分を骨切りして後ろに移動させるなどしてあごの骨を後退させ、しゃくれている状態を解消します。

受け口の場合、受け口自体は歯科矯正により改善しますが、あごの状態にはほとんど変化がありませんので仕上がりが満足がいかない場合があります。

受け口(下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態。反対咬合)を修正する手術に、下顎骨分節骨切りがあります。
下顎骨分節骨切りは、左右の奥歯の抜歯を行い、その箇所の根元の骨を切除して、下の前歯全体を後退させます。口の中を切開するため、傷口は外部からはほとんど見えません。

失敗を回避するためには、レントゲンを使って術前にしっかりとした手術計画を立てられる名医を選択出来るかどうかにかかっています。こだわる名医は模型から作ってくれたり、ダブルライセンスのドクターもおられます。

”なんちゃって輪郭専門医”には十分注意してください。

輪郭整形でアゴしゃくれ解消

輪郭整形 アゴがしゃくれている 症例写真

症例画像①

輪郭整形 アゴがしゃくれている 美容整形・手術・治療

輪郭の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

北川景子のような横顔・Eラインの輪郭はどんな整形で作れる?

北川景子さんの歯に憧れをもっている方は多いでしょう。美人な方ですが、笑うと少し大きめの前歯がとてもキュートです。女性は笑顔が大切ですね。

自信を持って笑えるようになるためにも、口元の整形を考えてみてはどうでしょう。ナチュラルで違和感のない口元を手に入れるためには、審美治療に使う素材が大切になってきます。

審美歯科の治療も輪郭形成と同時にポイントになってきます。

インプラントは有名ですね。直接埋め込むので、最も自然に見える治療でしょう。噛みごたえなどもあるので、食生活も快適に送ることができることが特徴です。しかし、価格も高く施術に抵抗を感じる方も多いと思われます。インプラント以外には、セラミックの詰め物も一つの選択肢です。

陶器でできていますが、透明感があり黄ばみのような変色にも強い素材です。

きっと安心して過ごせるでしょう。オールセラミックもおすすめです。セラミックの中にもいくつかの種類があり、その中でも最も強度や耐久性が高いといわれているのが、ジルコニアです。人目に付きやすいフロントエリアの治療には適しているのではないでしょうか。また、ラミネートベニアも有名になってきた治療方法の一つです。

ネイルのチップのようなものを張り付けるだけですが、隙間を埋めたり、形を変えることもできるので、印象を変えたり、とても簡単にきれいな口元を作ることができます。こちらもセラミック製なので自然と馴染み違和感ないでしょう。

芸能人の利用も多いといわれています。歯を必要以上に削る必要がないので、将来的にも安心ですね。

折れやすいというデメリットがあるようですが、最近では強度を持ち改善が進められているようです。お口は特にお金がかかる部位なので治療については、クリニックできちんと相談することと自分自身でもしっかり調べてからやりましょう。

輪郭整形 アゴがしゃくれている 失敗・修正・再手術

アゴがしゃくれている場合の美容整形は輪郭形成が考えられます。ただし骨を削ったり切ったりする事は、修正・再手術を難しくしますので初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

輪郭整形 アゴがしゃくれている 効果・仕上がり・アフターケア

輪郭の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、正面や横顔の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な骨削り・骨切り整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

輪郭整形 アゴがしゃくれている トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

輪郭の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。輪郭の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

輪郭整形 アゴがしゃくれている まとめ

輪郭の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*