輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

輪郭形成で小顔になるための整形をまとめ・名医紹介

輪郭形成・修正の美容整形・手術・治療

輪郭形成を行っているクリニックは数多くございますが、医療ミス・術後のトラブル・修正の口コミ・体験談は後を絶ちません。 現在もなお、技術が低いドクター・管理体制の杜撰なクリニックが手術を行っている現状があり、社会的な問題となっています。

こういった失敗を回避するための介助として、美容整形の相談所では全国のドクターへの取材を元に、これまで累計2万名以上のご相談をしてきた実績があります。

特に輪郭形成はエラ削り・頬骨削り・あご削りなどの手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの整形において起こり得るトラブル・リスクを解説し、名医をご紹介致しております。

輪郭形成・修正のすべて!

ヴァニラのような輪郭になるにはどういう整形が良い?

ヴァニラさんのような小顔になるためには様々な整形方法があります。

まずエラ削りを行うことによって輪郭をすっきりさせることができ角ばったエラを削ることによってゴツゴツした印象を消してくれます。

施術は奥歯の歯茎の下を切開して行うため傷跡は目立ちません。

他にも頬骨削りや顎削りも小顔にするにはとても効果的です。

頬骨が突き出ていることによって顔が大きく見えるだけでなく頬がこけて見え実年齢よりも老けて見えることもあります。

頬の張りは輪郭の洗練度合いを大きく左右するので手術を行うことによって確実に顔が小さく見えさらに鼻が高く見えるといったプラスアルファの効果も得ることができます。

この手術も口の中や耳の横の生え際を切開して行うため傷跡が目立ちません。

そして顎削りは口の内側の歯茎の下の部分を切開し顎の余分な骨を削り取る手術方法です。

顎が長すぎたり突き出ていたりすると顎が強調されてしまいフェイスラインが崩れてしまいます。顎を整えるだけで上品な顔立ちに変化します。

このように輪郭形成手術はメリットが多いのですが全身麻酔で行う手術のため副作用や合併症などのリスクも伴います。

主なリスクは術後の痛み・腫れ・痺れがあげられます。顔面の骨を大きく削る手術なので強い痛みと腫れが出てしまいます。

強い腫れは大体1ヶ月から2ヶ月ほど続き完全に腫れが引くまでに半年間ほどかかります。

また骨を削る際に骨の近くの神経を傷付けてしまった場合、痺れや知覚麻痺を残してしまう可能性があります。

痺れ等が生じても半数程度の方が6ヶ月ほどで回復するのですが、残りの半数の方は痺れの程度に差はあれども永久に残ってしまうこともあります。

このようなリスクもふまえた上でカウンセリングを受け手術を受けることをおすすめします。

武藤静香の様な横顔Eラインを作る審美歯科治療

モデルとして実業家として人気がある武藤静香さんですが、とても女性らしい大きな目と綺麗な口元が印象的な方で特に笑顔はとてもかわいいです。

また、彼女が笑顔になった際に見える歯はすべて白く、並びもとても綺麗ですので清潔感があり、美人な顔立ちを更に綺麗に見せてくれます。それでは武藤静香さんのように綺麗で清潔感がある口元にするためにはどのような方法が最適なのかご説明します。

まず彼女と同じ口元になるために大切なことは歯並びがとてもいいということです。隙間が全くなく、綺麗に並んでおり長さも同じ長さで統一されています。

ここまで綺麗な並びにするためにはインプラントを行う必要があります。インプラントは骨に土台を埋め込みしっかりと固定した上に人工のかぶせものをする方法です。

他の人から見える部分は人工のかぶせものですので、大きさをそろえることができる上に、真っ白な綺麗なものにすることが出来ます。

また、インプラントは短時間で行うことが出来ますのですぐに綺麗な並びにすることが出来るのも特徴的な技術です。この方法によって並びをきれいに整えた後は、色を白くする必要があります。

先ほど説明したように人工のかぶせものはとても白いですので元々の歯より白くなるケースがほとんどです。そのため、色の差が出てしまいますので施術を行っていない部分も白くする必要があります。そこで行うのがラミネートベニア治療です。

この方法は表面を薄く削り、その削った部分にセラミックのシェルを貼り付ける方法です。

セラミックによるラミネートベニアはホワイトニングを行うよりも白くすることが出来ます。そのため、芸能人によく見られる真っ白な綺麗なものにすることが出来ます。

この2つの方法を行うことで清潔感がある綺麗な口元にすることが出来ます。

失敗・修正・再手術

小顔にする美容整形としては輪郭形成が考えられます。ただしクリニック選びを間違えて失敗してしまうケースが相次いでいます。

骨を削ったり切ったりする事は、修正・再手術を難しくしますので初めから失敗しない様に名医を選択して頂く事が大切です。

効果・仕上がり・アフターケア

輪郭の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、正面や横顔の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な骨削り・骨切り整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症

輪郭の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

輪郭の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

輪郭形成・修正のまとめ・オススメ

輪郭の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

輪郭の美容整形における、その他のお悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*